管理者へのメール / 管理者のプロフィール


第11回トウキョウサンショウウオ・シンポジウム

 啓蟄前恒例のトウキョウサンショウウオシンポのお知らせです。昨年行われた10年目一斉調査結果を中心にトウキョウサンショウウオの現状を報告。シンポ後の懇親会もあり。

第11回トウキョウサンショウウオ・シンポ
日時:2009年2月28日(土)午後1時半より
会場:東京都立多摩社会教育会館 301・302研修室
   〒190-8543立川市錦町6-3-1(東京都多摩教育センター内)
   電話:042-524-7950 FAX:042-522-0719

報告 トウキョウサンショウは生き残れるか?:10年後の現状
2008年一斉調査の中間報告(多摩地区全域の概況)
     草野 保(首都大・理工・生命科学)
あきる野市菅生地区周辺の現状
    小澤 祥司(西多摩自然フォーラム)
青梅市加治丘陵の調査結果報告
     御手洗 望(青梅自然誌研究グループ)
休憩及びスライド上映
南西諸島両生爬虫類観察紀行(沖縄島編)佐久間 聡
多摩丘陵におけるサンショウウオの保全 塩谷暢夫
講演 地域住民によるアベサンショウウオ保全について
    長谷川 巌(福井県両生爬虫類研究会)

問い合わせ:トウキョウサンショウウオ研究会
[PR]

by greenerworld | 2009-01-11 16:52 | イベント  

<< 再生可能エネルギーを3年で2倍... 尊徳先生 農と物質循環を語る >>