管理者へのメール / 管理者のプロフィール


KYな建物。これはないでしょ

f0030644_063375.jpg

 北関東のある自治体にて。平安の初めの創建と伝わる由緒ある神社。弘法大師が杖でつくと温泉が湧いたという言い伝え(これはまあ各地にあるが)を残す。現在の建物自体は享保3年(1718年)というからいまから290年も前のもの。三間四面の入母屋造りで、ご覧のように他では見られない珍しい様式、懲りに凝った欄間彫刻も施されている。武尊(ほたか)神社の名の通り祭神は日本武尊(ヤマトタケル)でありながら、同時に(神社なのに)薬師如来を祀る。町中にあり境内もほとんどなく、まわりは住宅である。そして左奥にあるお宅は、やっちゃったね。この神社は自治体の重要文化財に指定されている。どんな家を建てるかはもちろん個人の自由だけれど……。
[PR]

by greenerworld | 2009-03-13 00:25 | 森羅万象  

<< うわさの富山ライトレール 佐渡は居良いか住み良いか >>