管理者へのメール / 管理者のプロフィール


上から下まで狂想曲

 飢餓に苦しむ人民を置き去りにして、テポドン2号が日本列島を飛び越えた。日本政府の発表やマスコミの報道は「ミサイル」だが、欧米系のメディアサイトをざっと見たところ、おおむね「Rocket」と表現されている。実際軌道からするとミサイルではなく人工衛星の打ち上げらしい(米軍発表によればそれもどうやら失敗したようだが)。昨日の誤報といい、この大騒ぎで誰が得をし、喜んでいるのか。一人かの国の将軍様だけではあるまい。もちろん、ミサイルと人工衛星打ち上げロケットに違いはないので、この実験でまた一つ国際社会に脅威が増えたことになる。

 地上はと見れば、花見と高速道路の値下げが重なって軒並み行楽気分。品薄といわれるETC車載器はどうなっているのか。価格比較サイトなどの書き込みでは、昨年暮れに1万円を切っていたのが2万円前後で売られているらしい。安いところでも1万円台前半で、ちょうど補助金(5,250円)分が上乗せされているんじゃないか。ここでは誰が笑っているのか。
[PR]

by greenerworld | 2009-04-05 18:21 | 森羅万象  

<< 花喰鳥 平和のための技術 >>