管理者へのメール / 管理者のプロフィール


大当たりのお昼ご飯

f0030644_20252518.jpg このところ福島県への出張が続いている。昨日は木質系ボイラー施設の視察で三春町へ。実は10日ほど前も、有名な「滝桜」を見に寄り道したばかり……。

 三春町は、三春藩の城下町で、滝桜以外にも見どころはたくさんあるようだ。町の中心部は城下町のイメージを活かし、緑を多く配したまちづくりを進めている。ちょうど昼時で、たまたま見つけたのが蔵を利用した和食処「山惣」。三春そうめん(そうめんというより稲庭うどんに近い)と名物の三角油揚げにふき味噌などを詰めて焼いたほうろく焼、煮物、和え物、菜飯に香の物、汁物、甘味がついたほうろく膳「鶴」(1,530円)を頼む。

f0030644_20255048.jpg 麺は、ほんのりと桜色、ほのかに桜も香る。まあ本物の桜が練り込んであるとは思えないが、つるりとした喉越しは快感すら覚える。いずれの料理も外連なく味付けも絶妙。精進料理なのは、うかつなことに食べ終わってから気づいた。

 勘定場で愛嬌を振りまくお母さんとの会話も楽しい。また立ち寄りたいと思う良い店だった。
[PR]

by greenerworld | 2009-04-28 20:31 | スローフード  

<< 東京にもあった自転車道? 迷走する日本の環境エネルギー政策 >>