管理者へのメール / 管理者のプロフィール


プーランプーラン

 機会があって、20年以上ぶりにインドネシアを訪れた。インドネシアはとても広くて、多くの島に分かれていて民族も文化も多様なので、訪れる地域が違い、時間がこれだけたっていると、インドネシアに関して何か普遍的なことが言えるという立場にはないのだが、あえていうと、以前はジャカルタでもバリでも、マカッサルでも、街に出ると排気ガスの臭いが充満していたが、今回(インドネシア第2の都市スラバヤでも)、排気ガス臭さはあまり感じなかった。以前来たときは、日本の軽自動車を改良して6〜8人の乗り合いにした車がたくさん走っていたが、これも今回はほとんど見かけなかった。そもそも走っているのはかなり新しい自動車が多い。それにバイクがものすごく多い。2人乗り、3人乗り、中には5人乗りもあるとか。ほとんど道路を占拠している感じ。

f0030644_156307.jpg
 その一方で、自転車の前に客席をつけた「ベチャ」もまだ現役だ。時間があれば、ベチャに乗ってゆっくりと(プーランプーラン)、街を見てみたいなと思ったが、「観光ベチャ」はなさそうだった。写真は市場(パサール)の前で客を待つベチャ。運転手は日射しを避けてひさしのある客席に座って客を待つ。中には昼寝している人もいる。
[PR]

by greenerworld | 2009-05-15 01:56 | 森羅万象  

<< アリなの? クモなの? 存在感薄まる日本の太陽電池産業 >>