管理者へのメール / 管理者のプロフィール


Trigger-happyな国々

 英語で「好戦的な」「けんかっ早い」という意味の単語にtrigger-happyがある。triggerは銃の引き金のこと。いかにもストレートな表現である(この言葉を聞くとつい、故赤塚富士夫さんの漫画に出てくる「目ン玉つながりのおまわりさん」を思い出してしまう)。

 この数か月の(特にこの一週間ほどの)北朝鮮の妄道ぶりを見ていると、trigger-happy以外の言葉が思いつかない。だだっ子のようで、まともな体制を持った国とはとても思えない。そもそも、覚醒剤や偽札づくりを国家事業でやっている疑惑のある国だから、やれることは何でもやるのだろう。自暴自棄かとも思ったが、案外周到に計算もしているようだ。今回も国連の制裁決議は、中国の抵抗で骨抜きになりそうだからだ。

 中国は同じ社会主義一党独裁のレジームを持つ国だからというだけでなく、経済的にも北朝鮮に深く関わっている。海外投資が細り、国内産業がほとんど壊滅状態の中で、中国は北朝鮮の地下資源に対する投資をほとんど一手に行っている。石炭・鉄・銅・銀、水力資源など中国の経済発展に欠かせないものばかりだ。渤海湾には海底油田やガス田もある。発展する中国北東部の沿岸地帯に資源やエネルギーを供給するには、輸送インフラが整わない内陸部から運ぶよりむしろ安上がりにちがいない。北朝鮮に対する経済制裁は、中国にもはね返ってくる。

 東アジアで生きていくということは、こうしたしたたかな国々と共存しなければならないと言うことだ。北朝鮮を念頭に「敵基地の攻撃は可能」と述べた麻生総理、万が一戦闘となれば、局地戦ではすまなくなる。言ったことの重みがわかっているのだろうか。軽はずみな発言は慎むべきだ。こちらまでtrigger-happyになってどうする。
[PR]

by greenerworld | 2009-05-28 11:55 | 森羅万象  

<< サッカーはトラップだ 焦土作戦 >>