管理者へのメール / 管理者のプロフィール


サッカーはトラップだ

 サッカーはトラップだ、と口を酸っぱくして言い続けてきた(いや、独り言です)。決定力がないと追われ続けてきた日本代表だが、ブログ氏に言わせれば、トラップというサッカーの基本ができていないからである。

 歴代の日本代表クラスの選手でも、このトラップがしっかりできていた選手は少ない、というかほとんどいない。元日本代表FWのN選手やT選手など、ポジショニングは良かったが体のどこかに当てればゴールできるというスタンスだったから、強豪国相手ではほとんど仕事にならなかった。俊足のFWで人気だったK選手も、トップスピードでボールを止められなかった。キラーパスで名をはせた旅人氏も、ドイツWCでは受けたパスを大きくこぼして、チャンスをつぶしていた。

 サッカーは言うまでもなく、パスとドリブルでゴールまで11人が協力してボールを運ぶゲームである。受けたパスを次のプレーに即座につなげるのがトラップだ。プレッシャーのない状況できちんとトラップするのは当たり前。敵に囲まれ体をぶつけられる中で、的確にパスなりドリブルなりシュートなりのために、ボールをコントロールしなければならない。

 これは欧州や南米のトップクラスのゲームを見ればよくわかる。トップスピードで体を崩さずにきちんとパスを止められるか、デフェンスに囲まれながら次のプレーのためにボールをちゃんと落とせるか、それがサッカーの質。残念ながらJリーグを見ても、日本代表を見ても基本のトラップができていない日本選手が多すぎる。

 で、27日のキリンカップの日本-チリ戦を見た。中村俊輔選手の合流が遅れ、ほかにも体調不良などでかなりいつものメンバーと違う。で、結果は4-0。主力が参加しなかったとはいえ、チリのレベルは決して低くなかった(デフェンスはやや物足りなかったが)。そしてこの4点はゴール近くできちんとボールを留めた結果だ。やっぱりサッカーはトラップだ。
[PR]

by greenerworld | 2009-05-30 00:14 | フットボール  

<< 暗雲垂れこめる富士山静岡空港開港 Trigger-happyな国々 >>