管理者へのメール / 管理者のプロフィール


定額給付金の使いみち

 高校生の息子が、自転車(ツーリングバイク)を買った。小遣いを貯めたが足りない分を定額給付金でまかないたいというので、気前よく全額渡してやった(ええ、ええ、親バカですとも)。昨日は学校まで(15kmほど)自転車で行くと、30分早起きして出ていった。

 高速道路1000円乗り放題に、電力消費の大きい大型家電ほどおまけがたくさんつく「エコポイント」。凍結されたはずの高速道路計画もどさくさ紛れで復活。こんなの景気刺激策ではなくてCO2排出刺激策ではないか。自転車とか太陽熱温水器とか、CO2フリーの乗り物・機器にエコポイント何でつけないかなー。日本中に自転車道路を整備すれば、かなり経済効果があると思うのだが。きっと息子は喜んで自転車の旅に出るだろう。

 で、ブログ子本人の定額給付金は一体何に使ったかというと、こちら。

 打瀬舟建造プロジェクト一口舟主。

 以前にも紹介したが、東京湾でかつて使われていた人力と風の「ハイブリッド舟」が打瀬舟。風を受け、藻場をすべるように移動しながら小エビを捕ったという。もちろんCO2フリー。打瀬舟とともに、健全な海、藻場、海と山の関係、伝承技術、人と人のつながり……、いろいろなものをひっくるめて復元しようという欲張りなプロジェクト。化石エネルギーが枯渇し、気候変動に見舞われる将来、こういう持続可能な技術やシステムこそが人類を救う。

 ぜひ皆さんも子々孫々のために有意義なお金(定額給付金でなくても)の使い方をしてください。
[PR]

by greenerworld | 2009-06-05 07:40 | 環境エネルギー政策  

<< 樹上の白い泡 ハイブリッドブーム、レアアース... >>