管理者へのメール / 管理者のプロフィール


核兵器のない世界─オバマのビジョン

 世界的服飾デザイナーの三宅一生さんが、自らの被爆体験をニューヨークタイムズに寄稿している。米国のオバマ大統領が4月のプラハ演説の中で語った「核兵器のない世界(A World Without Noclear Weapons)」という言葉が、これまで心の中にしまい込んでいた三宅さん自身の体験を呼び覚ました。三宅さんは7歳の時に広島で被爆し、母親は3年後になくなったという。しかしそのことをこれまで外に向けて語ったことはなかった。原爆を生き延びたデザイナーというレッテルを貼られたくなかったから。

 三宅さんはオバマ大統領に8月6日、広島に来てほしいと呼びかける。過去にこだわるのではなく、核戦争をなくすために努力することが目標だと世界に示すために。

http://www.nytimes.com/2009/07/14/opinion/14miyake.html?_r=1&scp=1&sq=Issei%20Miyake&st=cse

 オバマ大統領が世界に投げかけたビジョンが、少しずつ波紋を広げている。彼がもし本当に広島や長崎を訪れ、平和のために祈れば、世界が変わる大きな一歩になるだろう。

 アメリカでは、戦争を終わらせるために必要だったとして、原爆投下を肯定するのが一般的な認識である。オバマ大統領が広島や長崎を訪れれば、保守派の虎の尾を踏むかもしれない。一方で、北朝鮮やイランのような直接的な脅威もある。核兵器のない世界を実現するのは容易ではない。しかし、そのビジョンがなければ決して実現しないことも確かだ。世界中に憎悪の火種がくすぶっている今こそ、想像してみたい。「核兵器のない世界」を。

 残念ながら、その大事な平和を祈る日々に、日本は選挙一色なのだ。オバマ大統領もそんな騒動には巻き込まれたくないだろうか。
[PR]

by greenerworld | 2009-07-15 10:40 | 森羅万象  

<< 自民党が溶けていく 「逃げずにたたかう」って…… >>