管理者へのメール / 管理者のプロフィール


日蝕にヒグラシは反応するか

 7月22日は久々に日本近傍で見られる皆既日食。完全に太陽が月に隠れるのは奄美・トカラなど一部だが、それ以外でもかなりの割合で欠ける。ところで朝夕の薄暗い時間帯に鳴くセミがヒグラシ。ちょうど今ヒグラシの鳴くシーズンでもある。日中でも夕立の前に空が暗くなると鳴き出すことがあるので、日蝕で薄暗くなると反応するのではないかと思うのだが、どうだろう。

 皆既日蝕帯に近い(かつヒグラシがいるような自然度の高い)地域の皆さん、日蝕の際はヒグラシの声に「注耳」。鳥など他の生き物も、変わった行動を取るかもしれません。
[PR]

by greenerworld | 2009-07-18 09:17 | 花鳥風月  

<< ソーラー船、運河を静かにすべる 自民党が溶けていく >>