管理者へのメール / 管理者のプロフィール


総選挙後、自民党は世襲おぼっちゃま集団に

 30日はいよいよ衆議院選挙投票日。各マスコミの予想では、民主が300議席を超えて圧勝の予想だ。

 一方で自民党は100議席前後の惨敗が予想されている。そこで比例区での復活当選可能性も含めて現時点で当選が予想される自民党候補者が、二世・三世(ジュニア)や地盤を受け継いだ世襲かそうでないかを調べてみた。

 すると驚いたことに、選挙後自民党衆議院議員のジュニア・世襲比率は6割にも達しそうだ。解散前は4割程度で、これは「小泉チルドレン」が大量に当選したから下がった部分はあるが、これらが吹っ飛んでさらにそれ以外の非世襲議員も軒並み落選予想。それに引き替え、世襲議員は苦戦とはいえ選挙に強い。その結果、5人に3人がジュニア・世襲議員で占められるようになりそうなのだ。

 ますますひ弱なおぼっちゃま集団になりそうな自民党。彼らに、茨の道を自らの手で切り開く気概はあるだろうか?
[PR]

by greenerworld | 2009-08-29 13:02 | 森羅万象  

<< 自民おぼっちゃま比率の結果 団地マニア >>