管理者へのメール / 管理者のプロフィール


田んぼってやっぱりすごい

 このところアルバイト(笑)で、栄養学系の取材をいくつかこなした。医学系の研究者の皆さんにお話を聞くと、米と野菜、魚介類、大豆食品という伝統的な日本の食生活は、日本人の遺伝的体質に合っており、理に適っているのだという。そもそも日本人は、肉食や精製された食品を多く取ると、メタボリック症候群や糖尿病になりやすいのだそうだ。

 そこでお米の生産の場である田んぼを考えた。あぜでは大豆を作り、田んぼや水路ではドジョウやフナやタニシ、シジミもとれた。後は畑で野菜を作れば理想的な食事ができあがる。なんて合理的にできていたんだろう。今では平地の田んぼは「汎用田化」してしまい、米だけあるいは転作作物だけを作る場になっている。トキやコウノトリのために、ドジョウが遡上できる田んぼづくりをやっているけど、本当は人間のためにこそ必要なんじゃないかな。
[PR]

by greenerworld | 2009-10-27 18:04 | スローフード  

<< 庭のスイセンが 10年ぶりに荒井沢を訪ねる >>