管理者へのメール / 管理者のプロフィール


センスの悪いJOCにも政権交代を

 2020年夏季オリンピック招致にエントリーを目指している広島・長崎両市に対して、JOCが「共催では推薦できない」と事実上の拒否を突きつけたそうだ。あえて事前にIOCに「1都市開催」の原則を確認、つまりIOCをダシに使って両市にあきらめさせようという思惑らしい。どうも、東京を再立候補させたい意向のようである。何をか言わんや。

 東京は16年開催都市招致で決戦投票にも残れず敗れたばかり。商業主義に堕したオリンピックに今さら理念を求めるつもりもないが、それにしても東京で開催する意味は見えない。あえて言えば「知事がやりたいから」。それが見透かされているから国民も支持しないのである。そんなことにも気がつかないJOCの役員たちの頭はどうなっているの?

 商業主義に堕して本来の理想を失ったオリンピックだからこそ、広島・長崎で開催する意義がある。平和の祭典という原点をもう一度思い起こさせるにふさわしい開催地であり、コンセプトだ。おそらく東京では再び敗れるだろうが、広島・長崎は世界世論の支持を得ると思う。核のない世界を目指そうというアピールが認められるかどうかは、スポーツ界にとっての試金石にもなる。たとえ招致できなくとも、それはIOC、ひいてはオリンピックの存在意義を再確認することになろう。

 ブログ子は東京都民だが、東京への招致に税金を一銭たりとも使ってほしくない。しかし、広島・長崎への招致のためなら、貧者の一灯をささげるつもりがある。同じ思いを持つ人は日本中にいや世界中に数多くいるはずだ。ボランティアも集まるにちがいない。訪れる人だけではない。原爆ドームや被爆マリア像の映像が流れ、被爆都市広島・長崎に世界が注目する。

 複数都市の開催といっても、たった2都市である。移動やセキュリティの問題を言うなら、10か所にも及ぶ開催地で競技を行うサッカーのワールドカップはどうなのだ。競技別に分ければ選手の移動はなし。観客や役員らの移動には、広島・長崎間にフリーゲージトレインのシャトルを走らせればいい。

 過去、何人ものオリンピック代表選手が自民党から国会議員になっている(麻生前首相も代表経験ありでしたね)。被爆地でオリンピックを開催するのは都合が悪いと考える人がJOC幹部に多いのか。JOCにも政権交代が必要なのではないかとつい考える。
[PR]

by greenerworld | 2009-12-26 11:05 | 森羅万象  

<< The Year of The... コペンハーゲンの評価とともにク... >>