管理者へのメール / 管理者のプロフィール


The Year of The Tiger

 あけましておめでとうございます。

 今年は寅年。The Year of The Tiger。そのトラが絶滅危惧種なのはご存じだろうか。WWFは最も危機的な種の中に、ホッキョクグマやジャイアントパンダなどと並んでトラをリストアップしている。この一世紀の間に、トラの生息数は20分の1に激減してしまった。いまや、世界中で野生のトラの生息数は3,200頭ほどしか残っていない。漢方薬の原料、毛皮や剥製などの需要を満たすための密猟が主要な原因とされる。もちろん生息域が次第に人間に侵食されていることもあるだろう。

 野生のトラはアムール(シベリア)、アモイ、ベンガル、インドシナ、マレー、スマトラの6亜種に分類されている。かつてはバリ、ジャワ、カスピの3亜種が存在したが、絶滅してしまった。アモイトラも25年間確認されておらず、絶滅したと見られる。アムールトラ、マレートラ、スマトラトラは数百頭のレベルである。

 アムールトラは一時数十頭にまで数が減った。しかし、密猟を取り締まることで500頭程度まで数を回復させることができたという。つまり手を打てばまだトラを救える希望はある。しかし、密猟はむしろ増えている。さらに地球温暖化による海面上昇が、インドやバングラデシュにおけるトラ(ベンガルトラ)の生息地であるマングローブ林を脅かし始めている。私たちは何回りか後に、トラのいない寅年を迎えることになるのか。

 十二支の動物は竜を除いて実在するが、種として入っているのはトラだけだ。国際生物多様性年である2010年。トラを守ることは、他の多くの生き物を守ることにもなるはずだ。
[PR]

by greenerworld | 2010-01-03 22:37 | 生物多様性  

<< パソコンは壊るるものぞ去年今年 センスの悪いJOCにも政権交代を >>