管理者へのメール / 管理者のプロフィール


パソコンは壊るるものぞ去年今年

 仕事仲間のパソコンが昨年末壊れて、ここ1か月半ほどのデータが消失してしまった。やっぱりウィンドウズはね、とえらそうなことを言っていたところが、自宅に戻ると家族用のiMacが起動しないと騒いでいる。息子が入れっぱなしにしていた映画のDVDを何とか取り出し、インストールディスクから修復を試みる。画面には赤字で不吉なメッセージ(ツリーが壊れているとか何とか)が次々表示される。ずいぶん時間がかかった挙げ句「修復できませんでした」。あきらめずに再度修復をかけてみると、何とかハードディスクは認識できるようになった。一安心だが、相変わらず起動できないまま。再インストールするしかない。データはリカバリーできるのか、ハラハラしながらインストール終了を待つ。約1時間後インストール終了、再起動、無事データは生き残っていた!

 ということで得たのがタイトルの句(お粗末)。ウィンドウズ、マックに限らず、頻繁なデータのバックアップは必須! という教訓でした。
[PR]

by greenerworld | 2010-01-05 09:17 | 森羅万象  

<< [Book]『口福無限』草野心平 The Year of The... >>