管理者へのメール / 管理者のプロフィール


[MOVIE]インビクタス─もう一つの南アワールドカップの物語

インビクタス 負けざる者たち

 今年サッカーのワールドカップが開催される南アフリカは、サッカーはいま一つだがラグビーではニュージーランド、オーストラリアと並ぶ強豪だ。クリント・イーストウッド監督がメガホンをとった「インビクタス 敗れざる者たち」は1995年の南アフリカが舞台。1994年にアパルトヘイトが終了しこの年にはラグビーのワールドカップが開催されたのだ。しかし、アパルトヘイト時代に制裁で対外試合が禁じられたナショナルチーム「スプリングボック」は、直前になっても練習試合で惨めな敗戦を重ねていた。しかも、白人のスポーツであるラグビーは、黒人に敵視され、対外試合では相手のチームを応援する状態。心を痛めたネルソン・マンデラ大統領は、ナショナルチーム主将をお茶に呼び、ある依頼をする。それは人種融和のための壮大な賭だった……。

 ネルソン・マンデラ大統領を演じるのは、イーストウッドの主演・監督作品「ミリオンダラーベイビー」でジムの雑用係の元ボクサーを演じていたモーガン・フリーマン。「オーシャンズ」シリーズのマット・デイモンが、悩めるナショナルチームの主将フランソワ・ピナールを演じている。実話に基づいた映画で、最後には当時の試合の写真が映されるので、それぞれを演じた俳優と比べるのも一興。マンデラ氏は自分を演じてほしい俳優として、フリーマンを指名していたそうだ。

 Invictusはラテン語で「征服されない」という意味で、マンデラ氏が獄中で心のよりどころにしていた詩のタイトル。この映画ではアパルトヘイト時代は描かれていないので、「マンデラの名もなき看守」を事前に観ておくことをおすすめします。
[PR]

by greenerworld | 2010-02-09 21:20 | レビュー  

<< シャチ──やはり野におけ 温暖化スキャンダル >>