管理者へのメール / 管理者のプロフィール


暴風のち黄砂

 昨夜の風はすさまじかった。南からの風は日付が変わったころから強くなり始め、うなりながら吹きつけるようになった。家がミシミシと不穏な音を立てるほど。風には強弱のリズムがあって、ふと静かになる時間もあるものだが、明け方近くにはひっきりなしに吹き荒れる。このあたりはあまり風の吹かないところで、台風もたいてい北か南にそれることが多い。かつて経験したことのないほどの風でした。おとなり八王子の観測データでは瞬間最大風速33メートルだった。多分それに近い風が吹いたのだと思う。こんな日に息子は遊びに出たまま帰らないし、結局朝までほとんど眠れなかった。

 ところが、日が昇ってくると嘘のような穏やかさ。同時にどんどん(それこそ見ている間に)空がかすんできた。中国大陸からの春の使者、黄砂だ。暴風をもたらした低気圧が運んできたようだ。20日は中国や韓国で、広範囲にわたって黄砂現象が見られたという。向こうでは黄砂というより砂塵嵐に近い。呼吸器系に疾患を持つ人は、生命にも関わるというから、のんきに「春の風物詩」なんて言っていられない。書いているうちにもっとかすんできた。もう近くの丘陵が見えなくなった。また風も吹き出した。今日も外出は控えた方が良さそうだ。お彼岸参りの皆さんくれぐれもご注意を。
[PR]

by greenerworld | 2010-03-21 11:30 | 花鳥風月  

<< トキ、テンに襲われて……その後 マグロのトロ、好きですか? >>