管理者へのメール / 管理者のプロフィール


イワツバメ

 今年も春がやってきたなと思うことはいくつもあるが、サクラの開花以上に実感するのがイワツバメ。多摩川にかかる橋にコロニーがあって、この時期毎年南の国から渡ってくる。よくぞはるばる来てくれたと思う。今朝、今年初めて川の上(かつ橋の下)を集団で飛んでいるのを見た。昨年は3月24日、一昨年は4月2日。その前は3月27日が初見日だった。15年来身の回りの生物季節を記録しているが、1999年以前の記録がないので、多分この橋にコロニーができたのが、1999年かあるいは2000年だったのではないかと思う。ところが数年前橋の架け替え工事が始まって仮橋になり、イワツバメはどうするかと思っていたら、その仮橋の方に巣をかけた。新橋は今年できあがる予定だが、来年はそちらにうまく引っ越しできるだろうか。

 ところで、記録から消えてしまったものもある。ヒバリは自宅周辺で畑が減ったために、ここ何年もさえずりを聴いていない。ツバメもだいぶ数が減って、あやしくなってきた。
[PR]

by greenerworld | 2010-03-23 07:47 | 花鳥風月  

<< フローレス島のホビットは百万年... トキ、テンに襲われて……その後 >>