管理者へのメール / 管理者のプロフィール


WCカメルーン戦

 岡田ジャパンの悪口を書いてきた当ブログとしては、素直に土下座します m(_ _)m。猛攻をしのぎきり、唯一と言ってよいチャンスを物にして勝った。スーパースター・エトーにも仕事らしい仕事はさせなかった。何はともあれ、健闘した選手たちにおめでとうと言いたい。

 ただし、カメルーンも本来の力ではなかった。コートジボアール戦で日本との戦い方はわかっているはずなのに、中盤でのプレスが甘かったため、日本が比較的余裕を持ってプレーすることができた。内紛(?)の影響なのか、アーセナルでプレーする、中盤の底A.ソングは最後までベンチ。

 日本も決して良かったわけではない。相変わらずパスやトラップの精度は低いし、サイドを崩し切れる力がない。松井のアシストは皮肉なことにサイドをつくと見せて切り返し、利き足でない左でクロスを上げたことによる。結果として、効果的なフェイントになった。終盤のカメルーンの猛攻(パワープレー)も、はね返すだけでなく、しっかりマイボールにして時間をつくることができないと、さらに大きいオランダやデンマーク相手ではしのぎきれなくなる。

 しかし、ここで勝ち点3を得たのは大きい。次戦のオランダは、当面のライバルとなった日本に勝てば一次リーグ突破がほぼ確定するから、本気でかかってくるだろうが、負けて元々の日本の選手たちは、むしろ余裕をもって臨める。一方のカメルーン−デンマーク戦は負けた方が脱落するから消耗戦になろう。最終戦デンマークに照準を当てて、オランダ戦は調整のつもりでのびのびプレーしてもらいたい。
[PR]

by greenerworld | 2010-06-15 07:59 | フットボール  

<< 温対基本法案も廃案に 温泉に駅か駅に温泉か >>