管理者へのメール / 管理者のプロフィール


ひながかえった

 庭のキジバトの巣。できるだけ刺激しないように、家の中から様子をうかがっていたが、ここ数日親鳥を見かけなくなった。もしや巣を放棄したのか? それともカラスに襲われたか? 心配になって庭に出て確認したら、まだ柔らかい羽毛に包まれたヒナが、巣の中にちょこんと座っていた。卵を温めていた親と同じように身じろぎもしない。ピーピー鳴くわけでもない。ひたすら、じっと座っている。ともかく目立たないように、というのが、キジバトの戦略らしい。ヒナのうちからこの忍耐力、恐れ入りました。ちなみにかえったヒナは1羽だけのもよう。
[PR]

by greenerworld | 2010-10-06 08:59 | 花鳥風月  

<< キノコが緩衝材や断熱材に 尊大な中国と日本のこれから >>