管理者へのメール / 管理者のプロフィール


こんなに寒いのに台風が……

 10月も後半になれば北半球では日照時間も少なくなり海水温も下がるので、台風の発生も少なくなる。ましてや大陸の高気圧の勢力が増してくるので、本州付近に上陸することもまれ。現在北上中の台風14号は、沖縄奄美地方に接近し31日頃には静岡県あたりに上陸しそうな予想コースで、しかもまだ発達中だ。デジタル台風というサイトで調べてみると、1951年以降、10月下旬に似たようなコースをとった台風は、2004年の22号(10月20日消滅)、1967年34号(10月28日消滅) http://bit.ly/9ZM9UY の2つ。ただし、1990年の28号は11月30日に紀伊半島に上陸している。 http://bit.ly/bSfeWY 上陸した台風としてはこれが最も遅いようだ。いずれにしても、珍しいことは間違いない。エルニーニョ→ラニーニャの影響か。先日の豪雨被害に遭った奄美を始め、被害が出ないことを祈ります。
[PR]

by greenerworld | 2010-10-28 08:53 | 気候変動  

<< 太陽熱「仕分け」さる レアアースと中国の環境問題 >>