管理者へのメール / 管理者のプロフィール


世界最大の太陽熱発電所

 太陽熱は太陽熱でもこちらはスケールの大きな話。カリフォルニア州のモハベ砂漠の一角イバンパで、世界最大の太陽熱発電所(CSPプラント)の建設が始まり、10月27日にシュワルツェネッガー州知事も出席して起工式が行われた。

 モハベ砂漠はカリフォルニア州、ネバダ州、ユタ州、アリゾナ州にまたがる広大な砂漠で、イバンパはネバダ州との州境付近にある窪地で、大雨の後にだけ出現するイバンパ湖がある。
f0030644_16343949.jpg

 計画では、3つのプラントが建設される予定で、BrightSouce Energyが建設を手掛ける。同社はイスラエルのネゲブ砂漠に4~6MWのプラントを建設している。イバンパ発電所の合計出力は392MW(39.2万kW)と、これまでに建設された太陽熱発電所のどれよりも大きい。ヘリオスタットと呼ばれる反射鏡が太陽光を反射させてタワーに集光させ、これにより高温を作って蒸気で発電するタワー集光型のシステムだ。ヘリオスタットの数は合計で34万7,000枚にも及び、設置面積は3,500エーカー(約14平方km)と広大だ。2013年に完成予定。

 太陽熱発電は砂漠のような乾燥地帯に向いた技術で、かつて日本でもサンシャイン計画の中で検討されたことがあったが、曇りや雨の多い天候では効率が悪く、採算がとれないことから撤退した。世界的には、アメリカ中西部や環地中海、中東などが適地で、アジア太平洋地帯では、中国内陸部やオーストラリアでの太陽熱発電が期待されている。ただ、砂漠といえども動植物は生息しており、環境へのインパクトがどれほどあるかは未知数だ。

 ちなみにイバンパ近くのマウンテンパスには、かつて世界最大のレアアース鉱山があったが2002年に閉山になった。鉱山は来年、2011年に再開される予定だそうだ。
[PR]

by greenerworld | 2010-10-31 16:35 | エネルギー  

<< 奴隷的労働と企業の社会的責任 太陽熱「仕分け」さる >>