管理者へのメール / 管理者のプロフィール


蟷螂の斧

f0030644_20113440.jpg
 晩秋はカマキリがよろよろと道ばたを歩き回っているのに出くわす。産卵を終えたメスカマキリだろうか。近づくと前脚を振り上げてこちらを威嚇する。「蟷螂の斧」だ。広辞苑に「自分の微弱な力量をかえりみずに強敵に反抗すること」とある。じきに命が尽きることがわかっているだけに、何だか痛々しい。

 あちらの国の将軍様も蟷螂に近い存在だと思うが、その斧はかなり強力だ。東アジアが準戦時体制にあることを改めて考える。
[PR]

by greenerworld | 2010-11-24 20:12 | 花鳥風月  

<< 2009年、日本は京都議定書目... iPadがやってきた >>