管理者へのメール / 管理者のプロフィール


遠州グルメ・おはたき

 実家からお米と一緒に「おはたき」が届いた。遠州以外では聞いたことのない食べ物だが、わが家はみなおはたきが好物である。うるち米を砕いて蒸して搗き、棒状に固めたもので、「ごはんのお餅」といえばわかってもらえるでしょうか(興味のある方はネットで検索すると写真が見られます)。スライスしたものを餅と同じように焼いたり磯辺巻きにしたり、お雑煮にしたりして食べる。わが家での定番はバター焼きで、フライパンにバターをしいて、こんがり焼いたあと火を止めて醤油を少々垂らす。ジュッと醤油が焦げて香ばしい(バターと醤油は合うんです)。他に鍋の具に使っても餅と違って汁がどろどろにならない。

 もともとはくず米を利用するための知恵だった。俵をはたいたからおはたきなのだろうと考えていたが、「はたく」には「搗いて砕く」(広辞苑)という意味があって、どうもこちらから来ているらしい。このおはたきだが、いまではちゃんとしたお米でつくっていて、今回のもコシヒカリのおはたきである。近ごろは店でも売っているらしい。以外と知られていない遠州の味覚。懐かしいふるさとの初冬の味。
[PR]

by greenerworld | 2010-12-17 12:52 | スローフード  

<< カナヘビとヤモリ仲良く もしCO2がピンク色だったら >>