管理者へのメール / 管理者のプロフィール


食糧価格は最高水準に

f0030644_1952398.jpg 国連食糧農業機関(FAO)が発表している食糧価格指数(Food Price Index=FPI)が昨年暮れ、2008年のリーマンショック前の水準を超え、最高水準に達した。2000年からの推移を見ると、2000年の90から2010年には215と10年で2.4倍に上昇している。石油や金と並んで、最近の急上昇の背景には、だぶついた投機資金の株や通貨からモノへのシフトがあることは確かだが、昨年はロシアの猛暑干ばつによる不作もあり、穀物価格が強含みの状況にあった。さらに今年に入りオーストラリアやブラジルの大洪水被害も、今後食糧価格に影響を与えると予想される。

 中でも穀物は10年で2.8倍、砂糖は3.4倍、油脂は3.9倍に上昇している。この3種類に関しては、バイオ燃料への転換も上昇原因にあげてよいだろう。アメリカでは、ばかでかいピックアップトラックやSUVはエタノール対応車が増えているが、それが食糧価格を引き上げ、貧しい人々の食糧を奪うことにつながっている。
[PR]

by greenerworld | 2011-01-18 17:13 | 森羅万象  

<< 里山の開墾 ナラ枯れそしてカラマツ枯れへ >>