管理者へのメール / 管理者のプロフィール


山下俊一長崎大学教授の牽強付会

 福島県放射線健康リスクアドバイザーである長崎大学教授山下俊一氏が、県内で年間100mSv以下の低量被曝は健康に影響ないと話しているが、その根拠は確率論の都合の良い解釈だと、「読む・考える・書く」というブログサイトが指摘している。

 同ブログによると、週刊朝日4月22日号の鎌田實氏との対談の中で、山下氏は次のように語っている。

「僕はそれにあえて「大丈夫だ」と言うわけですよ。理由は、1回、100ミリシーベルト浴びると、細胞には傷が100個できます。1ミリシーベルト受けると細胞の傷が1個できます。1個の傷は体がすぐ治します。100個の傷はときどきエラーが起こる」(ブログ子注:「細胞」というのは細胞内の遺伝子のことと思われる)

 これに対して「読む・考える・書く」は、エラーが起こるかどうかは確率的な問題であって、「(1人が100ミリシーベルトを浴びて細胞にできた)100個の傷でときどきエラーが起こるというなら、1ミリシーベルトを浴びた100人の誰かにも、ときどきエラーが起こるはずだ」と指摘する。結論から先に言えば、これは全く正しい。そもそも、ICRPは100ミリシーベルト以下について確率的影響説を取っているのであり、これは山下氏も認めているのだ。にもかかわらず、1ミリシーベルトを浴びた場合の傷はたった1個だから、人間はすぐに直してしまうと言う。だから大丈夫なのだと。全く矛盾しているではないか。

 確率論を理解しないで言っているなら、科学者とはとても言えないし、もし知っていてごまかしているなら、悪質である。そもそも100ミリシーベルト以下が大丈夫というならば、人間は遺伝子が受けた傷を1度に99個までは治せるということになる。100個ならときどきエラーが起こるが99個なら起きないのか、それとも直せるのか、問題がないというのも面妖である。

 1ミリシーベルトで傷が1個という根拠も聞きたいのだが、次の山下氏の講演会があったらどなたか質問していただけないだろうか。
[PR]

by greenerworld | 2011-05-09 16:54 | 3.11後の世界  

<< 原子力は安全という虚構の果てに... 点で面の安全は語れない:マイク... >>