管理者へのメール / 管理者のプロフィール


R399を飯舘から浪江に

 先週は23日夜、日大の糸長教授、兵庫県立医大の振津かつみ医師らと飯舘村で負げねど飯舘の皆さんと打ち合わせ。24日は山形県小国町に行く予定だったが豪雨で中止になってしまったため、放射線量調査に加わることにした。

 3月29日に今中チームで行った調査の計測コースをGPSでたどり、同じ場所の空間線量率を、同じ線量率計(アロカPDR101)で計測して記録していく。もちろん、その後の放出のことを考えても、少なくともヨウ素131はほぼ消えているので、3月の数値に比べればかなり下がっているのだが、それでも低いところで毎時2マイクロシーベルト前後、汚染のひどかった南部ではまだ毎時10マイクロシーベルトを超えるところが出てくる。3月に毎時30マイクロシーベルト超だった長泥曲田の牧草地は、今回約毎時16マイクロシーベルトであった。

 その後、国道399号線を長泥交差点から浪江町津島地区へ向かって南下した。文科省などの汚染マップで、浪江町赤宇木から下津島にかけてが原発近傍を除いて最も汚染がひどい。この地区から飯舘にかけての汚染の濃淡が知りたかったのだが、町村境の山に差しかかるあたりからどんどんサーベイメーターの数値が上がり始めた。車内(車外の7~8割に減衰)でも毎時10マイクロシーベルトを超え、浪江に入ってすぐの林内でとうとう16マイクロシーベルトに達した。車外に出て計るとPDR101は19.99を表示、このサーベイメーターではこれが計測限界だ。一瞬、3月にタイムスリップしたかのような感覚に陥った。

 糸長教授が持ってきたGM計測器で計ると、草地の上で毎時50マイクロシーベルトという値を表示した。今回の汚染ではこのGM計測器がシンチレーション計測器の1.4倍程度高く出るとされているので、その分を補正しても毎時30マイクロシーベルトを軽く超えていそうだ。3月15~16日にあったフォールアウト(降下)からすでに100日経過しており、先述のようにヨウ素131などの短寿命の放射性物質はほぼ消えているのだ。ピーク時には毎時数百マイクロシーベルトあったのではなかろうか。

 しかし峠を越えて下っていくと線量率計の値は下がりだし、毎時10マイクロシーベルトを下回るようになった(それでも恐ろしく高いが)。こうしてみるとあの峠のあたりは「ホットスポット中のホットスポット」と言えるのかもしれない。20km圏内は立ち入り禁止であるが、計画的避難区域は一般の車両も入ることができる。今回も(警視庁の)パトロールカーに何度か遭遇したが、停止させられることもなく通行できた。しかし、細かく見ていくと恐ろしいほど汚染された場所が20km圏外にもある。文科省や防衛省などが原発周辺地域の線量率を毎日移動計測しており、今回のポイントはその計測ルートにあたるので、少なくとも彼らは認識しているだろう。それ以外に山林など、これまで計測できていない場所にもそうしたスーパーホットスポットがあるにちがいない。

 下津島はあのダッシュ村があった場所である。飯舘村からいわきにかけて阿武隈山地を縦断する国道399号は、のどかな山里の風景をつないでいく、大好きな道だった。それがいまや「放射能街道」になってしまったのだ。沿道では雑草が勢いを増して田畑やひとけのない民家を覆いはじめていた。ここで暮らしを営んできた人たちのことを思うと悔しいという一言ではとても言い表せない(写真は飯舘村長泥地区。田畑や家々を覆い隠す夏草)。
f0030644_19454721.jpg

[PR]

by greenerworld | 2011-06-28 19:47 | 3.11後の世界  

<< もう少し先送りできたかもしれないこと 遅い春から夏へ─飯舘村の自然 >>