管理者へのメール / 管理者のプロフィール


東京新聞・中日新聞「紙つぶて」

 1月10日から、東京新聞・中日新聞の夕刊コラム「紙つぶて」に執筆させていただいています。6月までの半年間、火曜日の担当です。

 600字強の字数とは言え、週1回の締め切りというのは初めての経験で、なかなかスリリングな日々です。もっとも落とすわけにはいかないので、時間のとれない時期の分はある程度ストックしています。しかし、できるだけタイムリーな話題をと思うと、予定していた原稿を締切日に差し替えるなんてこともすでにありました。

 ツイッターやフェイスブックでは、何かつぶやいたり書き込んだりしたことに、すべてではありませんが、すぐに反応があります。一方、新聞コラムは直接読者の方の反応がわかりません。そこで、翌日フェイスブックに記事を投稿して、友人の皆さんからご意見をいただいています。ただし版面権があるので「友人限定」の公開、偏りがあることは重々承知。また記事の参考にさせてただくために、質問を投稿することもあります。

 表現や情報発信の仕事の端くれにいる者としては、そんなウェッブとの連動も少し試行しつつ、半年間を楽しみたいと思っています。
[PR]

by greenerworld | 2012-01-19 12:41 | 森羅万象  

<< 飯舘村後方支援活動報告会 除染だけが復興ではない(東京新... >>