管理者へのメール / 管理者のプロフィール


猛威を振るう中国の大気汚染

 例年早春に眺望を霞ませるものといえば黄砂であったが、ここ数年は大陸からの大気汚染物質(エアロゾル)がその原因となることが多い。今日も快晴にもかかわらず西の空は近くの山も見えないほど霞んでいる(下の図はSPRINTARSによる予測モデル http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/index.html)。
f0030644_11504898.png
 中国で大気汚染が加速するのは21世紀に入ってからで、急激な経済発展と期を一にしている。この時期日本始め先進国の製造業がこぞって中国進出を進めた。工場や発電所なども排気ガス対策を考えずに大急ぎで建設された。中国北部では平均寿命が5年半短くなるとか、世界の肺癌の36%が中国で発症しているとか、中国の大気汚染による健康影響に関してさまざまなデータが出てきているが、中国での大気汚染がとくにひどくなったのはここ数年で、健康影響が深刻化するのはこれからだと思う。

 大気汚染物質は朝鮮半島や日本列島にも押し寄せ、すでに中国一国だけの問題ではなくなっている。日本でも健康影響だけでなく、酸性雨による影響も今後出てくるだろう。エアロゾルにはPM(粒子状物質)やNOx、SOxだけでなく、水銀も含まれ、食物連鎖を通じて人間に取り込まれるおそれがある。大気汚染が深刻なのは、同じく急発展するインドも同様だ。インドでは裕福な階層は大都市を避けて、汚染の少ない地方に家を建てて住んでいるそうである。不便よりも健康優先ということだろう。インドネシアやヴェトナムのような東南アジアの新興国も後を追いかけている。

 1970年ごろ北欧では酸性雨が深刻化し、森の木々が枯れ、湖の魚が大量死した。その原因が、国境を越えてきた大気汚染物質であったことから、スウェーデンでは一国における公害対策には限界があると考え、国際社会に提案し1972年のストックホルム会議(国連人間環境会議)開催につながった。これが今も10年ごとに開催されている「地球サミット」の嚆矢である。

 果たしてアジアで同じような枠組みをつくることができるのか。早期に公害を経験した日本が主導できる(すべき)分野だと思うが、冷え切って対話すらおぼつかない日中関係を考えると見通しは暗く、しばらくは西方からやってくる汚染大気におののいているしかなさそうだ。中国では大気だけでなく水や土壌の汚染も深刻。環境問題はさまざまな政治対立を超えて協力し合える格好のテーマだと思うのだが、残念ながら日本政府の環境問題への取り組みはこのところ大きく後退しているように見える。
[PR]

by greenerworld | 2014-02-25 11:59 | 環境汚染  

<< 風が吹けばセシウムが飛んでくる 「減電」で日本が再生する >>