管理者へのメール / 管理者のプロフィール


昭和シェル石油のCIS太陽電池

 10月4日、PV-net神奈川県央の主催で行われた、愛川町にある昭和シェル石油中央研究所のCIS太陽電池見学会に参加した。昭和シェル石油ではNEDO委託事業として過去10年以上にわたってCIS太陽電池の研究開発を進めてきた。

 CISとは、銅(Cu)、インジウム(In)、セレン(Se)の略。CIS太陽電池はこれらを数ミクロン程度の厚さに結晶化させたもので、薄膜系太陽電池の一つ。インジウムの一部をガリウム(Ga)、セレンの一部をイオウ(S)で置き換えることから、CIGSやCIGSSなどとも呼ばれる。結晶シリコン太陽電池は、シリコン結晶をインゴットにし、スライスし、表面処理し、電極を取り付け、モジュール化するなどの工程がある。これに対してCIS太陽電池は、モジュール基盤上に直接セルを形成させていくため、一貫した短い工程で生産できるという特長がある。しかも使用する資源量がきわめて小さく、投入エネルギー量も少なくてすむという。将来的には価格の低下が期待できるわけだ。モジュール面積に対する発電効率は、現状では多結晶シリコン太陽電池より若干低いが、研究レベルではセルで20%ほどの発電効率が得られている。

 宮崎県の田野町に量産工場を建設中で、年内には完成予定だ。来年早々からいよいよ生産に入る。当初は年産20MWの予定だという。CISビジネスは同社の子会社昭和シェルソーラーが担当する。

 研究所内は非公開とのことで、残念ながら写真は撮ることはできなかった。黒いつや消し風のCIS太陽電池の外観をご覧いただけないのが残念だが、来週幕張メッセで行われる「再生可能エネルギー2006」に出展するそうなので、そこで見ることができるだろう。

[PR]

by greenerworld | 2006-10-05 09:28 | エネルギー  

<< 風力発電を逆風にさらさないために エネルギー自給自足のコンセプトカー >>