管理者へのメール / 管理者のプロフィール


ドイツで4万キロワットの太陽電池発電所プロジェクト

 ドイツザクセン州ブランディスに、40メガ(4万キロ)ワットという巨大な太陽光発電所を建設するプロジェクト、「ヴァルトポレンツ(Waldpolenz)ソーラーパーク」がこの2月からスタートした。40メガといえば、中堅モジュールメーカーの1年分の生産量だ。

 太陽光やバイオマス、風力による発電事業を手がけるユーヴィー(juwi)グループが約3年をかけて建設するもので、完成は2009年末の予定。ソーラーパークが建設されるのは軍用飛行場跡地。建設予定面積は110ヘクタール、サッカー場200面分だという。

f0030644_15562522.jpg モジュールは、ファーストソーラーがドイツ国内で生産する薄膜太陽電池を使う。建設費は1億3000万ユーロ(約200億円)。完成時の年間発電量は4000万キロワット時で、1万世帯分以上の消費電力に相当する。フィードインタリフ制度により、全量が33.18〜37.96ユーロセント(53.1〜60.7円)で電力会社に販売される。

 う〜ん、元飛行場の遊休地とはいえこの巨大なソーラーパークには若干の違和感も感じる。ドイツでは冷戦終了、東西統一によって不要になった軍用地がいろいろなプロジェクトに転用されている。その意味では、これは平和の配当といえるかも。
[PR]

by greenerworld | 2007-02-25 16:01 | エネルギー  

<< イギリス 2050年までにCO... アメリカ各州のRPS──日本と... >>