管理者へのメール / 管理者のプロフィール


ドイツの太陽電池設置出力、累計で300万MWを超える

 欧州委員会(EC)のエネルギー部門が発行する、再生可能エネルギーレポート「EurObserv'ER」の2006年太陽電池版が発表された。

 2006年のEU25カ国の導入量は2005年の914,242kWから36%伸びて、1,245,654kW、2006年までの累計は3,418,480kWに達した。

 最大の設置国はやはりドイツで、2006単年で1,153,000kWと06年にEUで設置された太陽電池の実に92%と他国を圧倒。累計では3,063,000kWとなり、EUに設置されている太陽電池のほぼ9割はドイツにあることになる。2位のスペインは2006年に60,500kWとドイツに引き離されているが、前年からは4.17倍の大幅な伸び。設置出力を減らしたイタリアを抜き去った。今後の注目株だ。

 一方、国民一人あたりの設置出力で比較すると、51.4W/人のルクセンブルクが首位となり、37.2W/人のドイツが2位。オーストリアが3.5W/人で3位につけている。下位の10カ国はすべて新規加盟国だが、旧15カ国だけで見るとわずか0.23W/人しかない英国が最下位だ。
[PR]

by greenerworld | 2007-04-26 18:46 | エネルギー  

<< 懸念される中国の環境汚染 バイオ燃料ブームがビールにとば... >>