管理者へのメール / 管理者のプロフィール


国連食糧農業機関がバイオ燃料生産拡大に警告

 日本でもマヨネーズが値上がりするなど、バイオ燃料(主に自動車燃料として使われるバイオエタノールやバイオディーゼル)ブームで競合する食料に影響が出ている。マヨネーズの場合、菜種油やパーム油のバイオディーゼル向け需要の高まりに加え、アメリカでエタノール用トウモロコシの生産拡大が進み大豆の生産量が低下するなどの影響で、マヨネーズ原料の植物油が高騰しているためだ。他にも、柑橘類の生産が盛んなブラジルで、オレンジ畑がサトウキビに転用されて、果汁が値上がりしている。メキシコではトルティーヤ原料のトウモロコシが値上がりして、市民の抗議デモがあった。

 しかし、バイオ燃料ブームは直接食料に影響を与えるだけではない。ブラジルではエタノール用のサトウキビ栽培のために、インドネシアやマレーシアではバイオディーゼル用のパーム油栽培のために、貴重な熱帯林が伐採されている。こうした熱帯林は、CO2の貴重なストックであり、伐採され焼き払われれば、そこにため込まれたCO2が大気中に放出されてしまう。もちろんそこにはぐくまれてきた貴重な生態系(物質循環とエネルギーのネットワーク)、そこにしかいない動植物も永遠に失われてしまう。このようにして栽培され生成されたバイオ燃料が果たして「グリーン」なのかは、はなはだ疑問だ。



 こうした中、国連食糧農業機関(FAO)が「Sustainable Bioenergy : A Framework for Decision Makers」というレポートを発表した。その中で、エネルギー作物栽培のために森林や草原を破壊することが、生物多様性の破壊、表土や養分の流出を招き、環境に悪影響を与えるおそれがあると警告している。また、食糧需給がタイトになり、価格が不安定に、すなわち急騰と暴落を繰り返すようになれば、中小・零細の食糧生産者に打撃を与えるという。第三世界の農民にとって、バイオ燃料はチャンスではなく、むしろ貧困層を増やす危険性があるということだ。

 木や草を原料に使うセルロースエタノールであっても、栽培するための耕地や家畜の餌では、食料と競合する可能性はある。これらはそのまま燃料としても使えるので、代替燃料同士の競合になる。もちろん、その栽培のために自然を破壊することになれば本末転倒だ。われわれが改めるべきはエネルギー浪費であって、新しいエネルギーをメニューに加えることではない。

 日本でもバイオ燃料の負の側面が認識され始めてきたが、まだまだ「話題」の範疇で深刻にとらえられていない。世界最大の食糧・飼料輸出国アメリカはバイオ燃料製造に突き進む。世界最大の人口を抱える中国は世界中で食糧とエネルギーを買い集める。気候変動で主要な穀物生産国で生産縮小が危ぶまれる。日本の未来や如何?
[PR]

by greenerworld | 2007-05-10 09:58 | エネルギー  

<< アメリカが太陽光発電で盛り返す ウォルマート、グリーン電力10... >>