管理者へのメール / 管理者のプロフィール


Google が今年中にカーボンニュートラルへ

 世界最大の検索サイトを運営する米Googleが、気候変動対策に乗り出した。省エネパソコンの開発普及でインテルとともに音頭を取って非営利団体を設立、マイクロソフトをはじめとする世界中のソフトウェア、パソコンメーカーが参加している。さらにGoogleは2007年末までに同社の排出するCO2などの温室効果ガス(GHG)をゼロにする計画を発表した。

 具体的には、
 1 エネルギー効率の向上による消費削減。
 2 再生可能エネルギーへの投資。
 3 直接削減できない分については排出権(カーボンオフセット)を購入
 することによって、実質ゼロを目指すという。

 Googleは最近、カリフォルニア州マウンテンビュー市内にある本社社屋に1.6メガワット(1600キロワット)の太陽光発電システムを完成させた。トヨタプリウスなど既存のハイブリッド車を改造して、プラグインハイブリッド車(家庭用電源から充電できるタイプのハイブリッド車)にできるシステムの開発に1000万ドル(12億円)以上かけて取り組むことも発表した。

 すでにウォルマートなどの米企業がカーボンニュートラルに取り組んでいることは紹介したが、Googleのこうした姿勢は他の企業にも大きな影響を与えるに違いない。日本にも遠からず波及することを願いたいものだ。
[PR]

by greenerworld | 2007-06-20 20:09 | エコエコノミー  

<< ネジバナに来たハナバチ モジズリまたはネジバナ >>