管理者へのメール / 管理者のプロフィール


中国のCO2が世界をおおいつくす前に

f0030644_1110550.jpg 中国のCO2排出量が、2006年にアメリカを抜いて世界のトップに躍り出たらしいとオランダの環境調査機関が発表した。1997年には世界の13.8%であった中国のCO2排出量は2006年には22%を超えた。グラフを見ると、2000年以降排出量が急上昇していることがわかる(出典:The Guardian電子版)。

 中国のCO2排出の多くは石炭によるものだ。発電燃料の70%は石炭である。いま中国は自国産だけではまかなえず、世界中から石炭を買い集めている。世界の石炭の4割弱が中国で燃やされている。石炭タンカーが中国に向かって数珠つなぎになっているのだ。また、セメントからのCO2排出も非常に多い。経済発展にともないビルや道路などの建設が急ピッチで進む。北京オリンピックや上海万博の開催も拍車をかけている。

 しかし、中国は人口が多いため、一人あたりのCO2排出量は年間4.7トンと、アメリカ(19トン/年)に比べて4分の1程度しかなく、日本と比べても半分程度なのだ。もし中国の一人あたり排出量が日本並みになったら……。考えるだけでもぞっとするがそれはあり得る未来だ。それも近い将来。中国のいまの成長率が続いたら、2015年ごろにはそうなるかもしれない。

 中国にエネルギーを使わないように、経済成長の抑制を働きかけることなんてできない。せめて、日本の省エネルギー技術を移転し、成長を持続させながらもなんとかCO2排出量を最低限に抑えてもらうくらいだろう。いや、それはなんとしても、やらなくてはならないことではないか。もちろん、アメリカや日本がCO2排出量を下げることは前提だ。

 参院選挙を控え、首相は憲法改正を争点にしたがっている。宙に浮いた年金問題でそのもくろみは外れそうだが、政治家には「本当の安全保障とは何か」を今こそ真剣に考えてもらたいものだ。地球が壊れていくのに「美しい国を守る軍隊」など何の意味があるのか。
[PR]

by greenerworld | 2007-06-25 11:13 | 気候変動  

<< 格差社会と戦争 ネジバナに来たハナバチ >>