管理者へのメール / 管理者のプロフィール


WC2010欧州予選、気の早い通過国予想

 2010ワールドカップの欧州予選組み合わせが決まった。欧州予選は53か国が6チームずつ9グループに分かれ(9組だけは5チーム)、ホームアンドアウェーのリーグ戦方式で戦い、各組1位が本戦出場、2位は成績上位8チームが1対1のプレーオフに回り、ホームアンドアウェーで勝った4チームが出場となる。合計13チームが本戦出場だ。

 直前の世界ランクで欧州内10位(世界12位)に落ちたイングランドが第1シードを外れたため波乱が予想されたが、案の定クロアチア、ウクライナとともに第6組“死のグループ”に入った。クロアチアは、イングランドがホームで迎えたEURO2008予選最終戦で破れた相手。これでイングランドは屈辱の予選敗退を味わうことになった。ウクライナはFWシェフチェンコを擁し、前回ドイツ大会ベスト8だ。EURO2008予選ではB組でスコットランドに次ぐ4位とこのところ低迷してはいるものの、実力は侮れない。

 他の組は比較的順当に第1シード国が出場を決めそうだが、波乱があるとすれば、このところ急激に力を伸ばしているルーマニアとフランスの組み合わせとなった7組か。ここには古豪セルビアも入った。もっとも2組のギリシャはイスラエル、スイスといった実力伯仲国と、4組のドイツもヒディンク率いるロシアと同じ組になり足下をすくわれかねない。オランダは9組、この組は1チーム少ないため下位相手に勝ち点を積み上げられない。スコットランド、ノルウェー相手にホームで確実に勝つことが必要だ。

 で、気が早い予想を。まず、各組1位通過は1組から順にポルトガル、ギリシャ、チェコ、ドイツ(ロシア)、スペイン、クロアチア(イングランド)、フランス(ルーマニア)、イタリア、オランダと第1シードが独占(ただし、番狂わせも)。各組2位同士の対戦で残るのが、ロシア、イングランド、ルーマニア、もう1チームは思い切って伏兵スコットランドを推す。ただし2位からの勝ち上がりは組み合わせによってだいぶ変わる。イングランド─スコットランドなんていう対決もあり得るし、スウェーデン、ポーランド、トルコにも十分可能性があり、EURO2008に続いて、イングランドがワールドカップにも出場できないという事態も否定できない。これじゃ予想になってない?

 予選は来年8月から始まる。おっとその前の6月にはEURO2008がある。その組み合わせは12月2日に決定。予選が佳境を迎えるまでにはまだ間があので、それまでにいま不調の実力国も立て直してくるだろう。サッカーにおける欧州の地位は、この切磋琢磨が築き上げている。予選の組み合わせを見るだけでこれだけ楽しめるのは、さすが欧州というほかないです。えっ、アジア? 盛り上がるのは最終予選からでしょう。



Group1 ポルトガル、スウェーデン、デンマーク、ハンガリー、アルバニア、マルタ

Group2 ギリシャ、イスラエル、スイス、モルドバ、ラトビア、ルクセンブルク

Group3 チェコ、ポーランド、北アイルランド、スロバキア、スロベニア、サンマリノ

Group4 ドイツ、ロシア、フィンランド、ウェールズ、アゼルバイジャン、リヒテンシュタイン

Group5 スペイン、トルコ、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、アルメニア、エストニア

Group6 クロアチア、イングランド、ウクライナ、ベラルーシ、カザフスタン、アンドラ

Group7 フランス、ルーマニア、セルビア、リトアニア、オーストリア、フェロー諸島

Group8 イタリア、ブルガリア、アイルランド、キプロス、グルジア、モンテネグロ

Group9 オランダ、スコットランド、ノルウェー、マケドニア、アイスランド
[PR]

by greenerworld | 2007-11-26 12:27 | 森羅万象  

<< 値上げの冬にペレットは救世主になるか たった一本のつるから…… >>