管理者へのメール / 管理者のプロフィール


海から山への贈り物

f0030644_1074441.jpg 千葉県木更津市。東京湾に注ぐ小櫃川河口から沖合にかけて広がるのが盤洲干潟だ。東京湾最後の干潟とも言われるこの盤洲干潟をフィールドに活動するのが「盤州里海の会」。漁師さんたちのNPOだ。自然豊かな干潟を守り、その大切さを伝えようと、子どもたちを対象にした環境学習にも取り組む。

 干潟は海のゆりかごであり、海の腎臓とも言われる。浅い海にはゴカイや貝類、エビ・カニなどが生息し、川が運ぶ養分を糧にくらしている。こうした生きものが水を浄化してくれる。干潟にはたくさんの魚が集まり、シギや千鳥など渡り鳥が羽を休めて餌をとる。かつては東京湾の奥半分はずっと干潟が広がっていて、クルマエビ、シャコにアナゴやヒラメ、ハマグリなど江戸前の寿司ネタは干潟の幸だった。

 そして忘れてはならないのが海苔。羽田空港のあたりはかつて海苔ひびが林立していたのだ。

 盤洲干潟では、いまも海苔の養殖が盛ん。盤洲では春から夏はアサリやバカ貝(あおやぎ)、冬は海苔で生計を立てている漁師さんが多い。昨夏はカイヤドリウミグモという貝の寄生生物が突然大発生し、アサリがほとんどとれなくなった。大発生の原因はまだ不明だが、その後カイヤドリウミグモの数が減り、9月ごろから徐々にアサリ漁も再開されたという。

 で、写真は「里海の会」の主要メンバーである「きんのり丸」さんで生産・販売している焼き海苔「青混ぜ海苔」。養殖時に自然に混じるアオノリをそのまま加工してある。磯の香りが強く甘みを感じる海苔である。

 この海苔は寄付金付で売られている。ヨード不足による発達障害が多いタイやミャンマーの山岳地帯の子どもたちに、ヨードたっぷりの海苔やワカメスープを送る資金となる。それで「海から山への贈り物」。一帖340円(うち寄付金40円)。ネットで直接注文できるので、お正月用にいかがですか?(売り切れの際はご容赦ください)

きんのり丸ショッピングカート

 里海の会ではアサクサノリの復活にも取り組んでいる。実はいま養殖されている海苔はほとんどスサビノリという外海に生育するノリを使っているのだ。干潟に生育するもともとの江戸前の海苔ではない。その話はまたいずれ。
[PR]

by greenerworld | 2007-12-15 10:49 | スローフード  

<< ペレットストーブ:想定外の使用法 ×マーク;コクヨのヨコク >>