管理者へのメール / 管理者のプロフィール


ペレットストーブ:想定外の使用法

 妻の実家から無農薬、ノーワックスのミカンが届いた。これは皮も干して使わねばと、ふと目についたのがペレットストーブの上部に置かれている陶板。この部分は陶板焼できるほど熱くなるわけでなく、ほんわか暖かい程度。ここにミカンの皮を並べてみると、見事1日でカリカリに乾燥。細かく砕いて布袋に入れ入浴剤に使ったら、じんわり温まるミカン風呂になった。イタリア人もびっくり。
f0030644_9533119.jpg

 ほんとうは日光で乾燥させた方がいいのは承知の上。でも、夕方取り込むのを忘れて湿らせてしまったり、なかなかうまく乾燥してくれない。それにペレットも、もとは太陽エネルギーということで。
[PR]

by greenerworld | 2007-12-16 09:56 | スローフード  

<< 日本も白熱電球にサヨナラ?  海から山への贈り物 >>