管理者へのメール / 管理者のプロフィール


ペレットストーブのドラフト改善(続き)

 ドラフト改善の甲斐あって、ペレットストーブの燃焼状態も格段に良くなり、年末年始は暖かくすごすことができた。ところで、室内の煙突の温度が60℃くらいあるので、これを外に逃がすのはもったいないと、少しでも放熱を良くするために、図のような放熱器(というほどでもないですが・・・)を取り付けてみた。熱伝導率が高い銅板を加工して、耐熱塗料で黒く塗ったもの。ちなみに上のレバーは空気調節用のダンパー。f0030644_10381147.jpgこれで室内によりたくさんの熱を放ってくれるはず、と期待したのだが、フィンの部分をさわって見ても、あまり熱くない。上側の煙突の温度も下がっていない。密着が十分でないのも理由のようだが、伝熱面積がこの程度ではあまり効かないのかもしれない。煙突に銅管を巻いて温水をつくり、パネルで放熱させることも考えたが、加工が本格的で自分の手には負えそうもない。この熱を床暖房に持ってこれるといいんだけど。
[PR]

by greenerworld | 2008-01-04 10:42 | エネルギー  

<< [Book]『私はフェルメール』 ナノソーラーが薄膜太陽電池を初出荷 >>