管理者へのメール / 管理者のプロフィール


柏崎刈羽──原子力頼みの温暖化対策は破綻

 えらいこっちゃ! 東京電力の柏崎刈羽原発の運転停止で、2007年度の日本の温室効果ガス排出量は2%も押し上げられるという。2006年度の日本の排出量はわずかだが前年より減った(暖冬の影響が大きい)が、また増加してしまう。2012年の目標達成はさらに遠のく。

 東電自体のCO2排出量は当初見通しより23%も増加し、2006年度と比べて1.3倍になったという。2006年度は暖冬だったが、07年度は猛暑や冬の寒さの影響で東電の販売電力量は前年比3.4%増の2,974.0億kWh(東電HP)。一方、CO2排出量の見通しは1億2700万トン。とすると、電力1kWhあたりのCO2排出量(排出係数)は0.427kgとなる。2006年度の東電の排出係数は1kWhあたり0.368kgだったから、大幅な増加である。今、オール電化住宅に限らず電力比率が高まっているので、電力を購入している家庭も企業も公共機関も大幅に排出を増やしたことになる。CO2削減の努力を続けても、外部的な要因で跳ね上がってしまう。自主行動計画とはいえ、CO2削減を公言し、達成できなければ排出権購入でまかなうことにしている企業にしてみれば、負担が増えることにもなる。ことは東電にとどまらないのだ。

 柏崎刈羽の再開はいつになるかわからない(いやこのまま廃炉にすべきと思っている)。他の原発だっていつ同様の災害に見舞われるかわからない。原発頼みでCO2削減しようという戦略は完全に破綻している。原発に頼れば頼るほど、不測の事態を想定してより多くの火力発電所を建設しなければならない。そして、原発が止まれば、一気にCO2排出が増える。高コストでCO2対策にもならず、しかも事故やテロの危険、やっかいな放射性廃棄物を出す。

 原発推進派=再生可能エネルギー否定派は、再生可能エネルギーが不安定で質の低い電気だという。しかし、不安定さでいえば原発だってしょっちゅう止まる。こちらも負けず劣らず不安定だ。しかも原発の建設には長い時間がかかる。計画から20年はざらである。そうこうしているうちに既存の原発はどんどん古くなってトラブルが増え、地震が来なくとも頻繁に停止することになるだろう(もっと心配なのは危機的な大事故だ)。

 原発に頼っている限り、100年たってもCO2は減らない。そう断言してもいい。あ、100年たったらウランも石油もないか……。
[PR]

by greenerworld | 2008-04-29 21:45 | 環境エネルギー政策  

<< ガソリン価格は今年中に200円... ボルネオゾウは絶滅したジャワゾ... >>