管理者へのメール / 管理者のプロフィール


エネルギー危機=食糧危機の到来

 心配していたとおり、マグロ漁船の団体が燃料高騰と資源の減少による漁獲規制のため、休漁に踏み切るという。要するに、漁に出ても燃料費をまかなえるほど魚がとれないということだ。供給量が減り、魚価が上がれば利益が出る。生産調整をするわけだ。

 対象は、金に糸目をつけないで取引される高級クロマグロやミナミマグロではなく、スーパーに並ぶメバチやキハダ。エネルギーを大量に消費して遠洋の水産資源を獲ることがいいかどうかは別にしても、これで魚価が上がって困るのは庶民のほうだ。食卓のささやかな楽しみが遠のく。

 乳製品や油脂・小麦製品の値上がりは続いている。チーズは、値段が変わっていないと思ったら中身がずいぶん少なくなっていた。輸入飼料が値上がりしているので、肉類の価格も上昇しているし、物価の優等生だった卵にも値上げの動きが出てきた。経営が成り立たなくなり、廃業する畜産・養鶏業者も多い。

 温室野菜や果物も深刻。重油やLPガスで加温するため、石油価格上昇の影響をもろにかぶっている。重油を焚くのを減らせば収量が落ちる。施設園芸農家の廃業もふえているという。

 海外市場では高騰しているのに国内は値下がり、農家の生産意欲をそいできた米も、このままでは心配だ。特に肥料が値上がりしている。化学肥料の生産には大量の石油を使うからだ。“ノー政”に翻弄されたうえ、燃料や肥料の高騰で、ますます米作農家は窮地に陥るだろう。

 こうしてみると、いかにわれわれの食が石油に支えられているかわかる。カロリーベースの食糧自給率が40%を割ったと騒いでいるが、石油の分は入っていない。米の投入エネルギーを産出エネルギーで割ると1を超えている。つまり、投入される石油の分を考えれば、自給率はゼロに等しい。もちろん輸入食料は石油を燃料とした船舶で運ばれてくる。

 穀類がまとまって輸出できる生産国はアメリカ、ブラジル、カナダ、オーストリア、アルゼンチン、タイなど数えるほどしかない。世界的に穀類の在庫は逼迫しており、これらの国で干ばつや嵐など天変地異による作柄不良が起これば、即、食糧確保が難しくなってくる。

 誰が自分たちの食を守るのか。食の問題を他人任せにしてきたつけをそろそろ払う時期が近づいているようだ。自分と自分の家族だけでも養える最低限の食を確保することが、これからの日本で生きていくカギになるかもしれない。もしあなたが少しでも田畑を持っているのなら、それを手放したり、荒らしたりしてはいけません。
[PR]

by greenerworld | 2008-05-29 10:44 | エネルギー  

<< ネルソン・マンデラとジョニー・... 気が早いよ クワガタ君 >>