管理者へのメール / 管理者のプロフィール


【新刊案内】マグロが減るとカラスが増える?

 新著を紹介させていただきます。

f0030644_105378.jpg『マグロが減るとカラスが増える?』
税込価格 : ¥1,365 (本体 : ¥1,300)
発行 : ダイヤモンド社
ISBN : 978-4-478-00565-1

<目次>
はじまり 地球の生きものたちはつながっている
捜査ファイル1 シカが増えると山崩れが起きる!──山の動物たちに異変
捜査ファイル2 ハチが消えて作物がとれなくなった!──自然界で受け渡されているもの
捜査ファイル3 田んぼが変わり、メダカが消える!──川の魚たちの危機
捜査ファイル4 マグロやイワシが減っているのはなぜ?──海の生きものたちの危機
捜査ファイル5 アオマツムシとカラスはなぜ増える?──温暖化と都市化と生きものたち
捜査ファイル6 人間がつくり出す“毒”が、地球をめぐる!──公害と生態系

 気候の安定と生物多様性の保全はいずれも私たちにとって重要な課題です。しかし気候変動に比べ、生物多様性の危機に関しての認識、関心はまだまだ低い状況です。2010年は生物多様性条約の目標年でもあり、締約国会議が日本(名古屋)で開催されます。生態系や生物多様性保全について議論や理解が深まる一助に本著がなればとも願っております。ぜひご一読ください。
[PR]

by greenerworld | 2008-06-09 11:05 | レビュー  

<< 不寛容の連鎖と社会的テロ 江戸は理想の循環社会だったか? >>