管理者へのメール / 管理者のプロフィール


火星からやってきたアリ

f0030644_2046957.jpg アマゾンの熱帯雨林の土中から見つかった新種のアリ。学名はMartialis heureka(火星から来たアリ)と名付けられた。1億2000万年前にハチの仲間から別れたアリ類の祖先に非常に近い種だという。体長は3mmほどで目は退化しており、強大なあごで獲物を捕らえるらしい。
[PR]

by greenerworld | 2008-09-16 20:34 | 生物多様性  

<< 北極海の氷、過去最低レベルへ 太陽光発電設置に補助金復活! >>