管理者へのメール / 管理者のプロフィール


東京都、住宅用太陽エネルギー機器補助金交付要綱を発表

 2016年までに100万kWの太陽エネルギー利用機器を都内に導入することを目標とする東京都は、さしあたり来年度から2年間、住宅用太陽光発電と太陽熱利用(ソーラーシステム、太陽熱温水器)に補助金を支給することはすでに発表されていたが、12月18日にその要綱が発表された。それによると、2009〜10年度の2年間、戸建・集合、個人・法人を問わず、都内の住宅に新規に設置された太陽光利用機器に対して、太陽光発電:100,000円/kW、太陽熱温水器:9,000円/㎡、ソーラーシステム:16,500円/㎡または33,000/㎡を補助する。
f0030644_18145267.jpg

 設置者は10年分の環境価値を(財)東京都環境整備公社に譲渡することが条件。公社はこの環境価値をグリーン電力証書またはグリーン熱証書として企業に売却。企業は証書をCO2排出削減のために利用できる。都では売却した代金は2011年以降の太陽エネルギー拡大策に利用する、としている。太陽光発電の場合は、電力会社に売電していない自家消費分がグリーン電力の対象となるため、現在の買電メーター・買電メーターの他、総発電電力計を設置する。またソーラーシステムへの33,000円の補助は、熱量計を設置しグリーン熱として認証を受けられることが条件となる。

 補助期間は2009年4月1日〜11年3月31日。ただしそれぞれの年度において予算枠を使い果たした場合は、そこで募集中止となる。

 受付窓口は東京都環境整備公社内東京都地球温暖化防止活動推進センター(電話03-5388-3472 )
[PR]

by greenerworld | 2008-12-23 18:43 | 環境エネルギー政策  

<< 改革の果実は強者に痛みは弱者に 冬の田んぼから消えて久しいもの >>