管理者へのメール / 管理者のプロフィール


<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

浜岡原発、二つの大いなる不安

 先日の中越沖地震の際、柏崎刈羽原発では最大2058ガル(揺れの激しさを表す単位)もの激しい揺れを受けていたことがわかった。同原発の耐震基準における揺れの最大想定地は834ガルだった。未知の活断層を見逃し、耐震基準があまりにも甘かったと言わざるを得ない。

 ところで7/19にも書いたが、浜岡原発(静岡県御前崎市)は、大きな揺れが予想される東海地震の想定震源域のほぼ真ん中に位置する。現在浜岡原発では2011年をめどに耐震補強工事を進めているが、補強後の耐震基準は1000ガル。現状はといえば、1、2号機が450ガル、3〜5号機が600ガルという耐震基準。これを1995年の阪神大震災(最大818ガル)並みの揺れが来ても大丈夫なようにするという補強だという。

 果たして浜岡原発付近が震源となった場合、1000ガル以下の揺れですむのか。はなはだ不安な状況になってきた。

f0030644_14254686.jpg 不安は他にもある。写真上は1975年の同原発付近の航空写真(国土交通省国土情報のページより。原発は建設途中)、下はGoogleマップによる最近の航空写真である。縮尺が少し違うのと、干満の状況が不明なのを勘案していただいても、明らかに砂浜が後退しているように見えないだろうか? 実は近年遠州灘の海岸がやせ続けているのだ。天竜川などの大河川上流に多くのダムが築かれ、沿岸への土砂の供給が減っていることが主要な原因とされている。しかし、今後温暖化による海面上昇も予想される。千年スパンで見ればこの原発が海に浸っていてもおかしくない。

 もちろん、千年後に原発が稼働していることはないだろう。しかし、運転終了した原子炉は解体後の行き場がなく、その場でシールドされて、建屋ごと半永久的に封印されているかもしれない。その時代の子孫たちは、波に洗われる「負の遺産」をどんな思いで眺めるのだろうか。いや、最初の東海地震で大事がなかったとしても。さらに千年間には何度かの大地震に襲われるはずである。

 廃炉後も含めた長い将来にわたる原発の安全性について、もっと厳しく考えるべきだと思う。これは電力会社だけの責任ではない。ただそのためには電力会社は隠蔽体質をあらため、情報を明らかにしなければならない。
[PR]

by greenerworld | 2007-07-31 14:32 | 環境エネルギー政策  

マラカイトグリーン

 もう15年ほど前の話。

 そのころ話題の某大型ショッピングセンターに行き、魚屋さんで水槽で泳いでいる魚を買って帰ってさばいたら、腹から半分溶けた緑色の錠剤が出てきた。マラカイトグリーンですよ。いま中国産ウナギで問題になっている抗菌剤。病気の予防のために水槽の中に放り込んだ錠剤を、たまたま魚が飲み込んじゃったということではないかと思う。

 でも、そのときは問題にもしなかった。学生時代、研究室でマラカイトグリーンてけっこうポピュラーな薬品だったしな……。薬浴といって、魚を消毒するのにマラカイトグリーンを溶かした水にしばらくつけ込んでいた。日本の養魚場でも少し前までマラカイトグリーンはよく使われていたはず。だからといって中国産ウナギを擁護しているわけではありません。ただ、日本でも農薬を始め有害薬品、汚染物質に対する規制は遅れ遅れで、マラカイトグリーンも発ガン性や催奇形性から養魚への使用が全面禁止になったのは2005年。まだ2年しかたっていないのだ。中国では普通に使っていると考えるのが当然でしょう。国情の違いを考えれば、これだけで中国人(全般)はけしからんと声を荒げるのは、どうかなと思う。むしろ、中国なしでコンビニエンスな日本の日常生活が成り立たなくなっている現状の方を、憂慮すべきではないのだろうか。北京にお米を売りに行っている間にね、ばんそうこう大臣。
[PR]

by greenerworld | 2007-07-28 10:01 | 環境汚染  

ヨーロッパの洪水と地域熱供給の関係

 英国イングランドでは断続的に集中豪雨が起き、河川の水位が上昇、洪水の被害も拡大している。まるで、日本の梅雨末期のような気象だ。

 これで思い出したのが、昨年訪れたオーストリア・ザルツブルク郊外のタルガウという町。数年前に集中豪雨で洪水が起こった。これまで経験したことのないことだった。湿度も高く洪水も頻発する日本では、床を高くすることはあっても地下室を設けるという伝統はない。しかしヨーロッパでは、地下室をもっている家が多く、物置や機械室として使われている。給湯や暖房のために使われるボイラーや燃料もたいてい地下に置かれている。タルガウでは人命には影響がなかったようだが、家屋への浸水が起こり、灯油が流れ出したり、ボイラーが台無しになるといった被害があったという。

f0030644_9285290.jpg タルガウではいま多くの建物が町外れにある「熱プラント」から熱を供給してもらっている。ガスの配管のように熱水を送る配管を地域に張り巡らせ、各家庭やビルはそこから熱交換によって、給湯や暖房のためのお湯を得る。カロリーメーターで使った分を計測し、精算する。この方式だと、各建物がボイラーや燃料をもつ必要がない。洪水対策でもあるのだ(写真は家庭用の熱交換器の内部。小型のガス湯沸かし器ほどの大きさ)。

 ヨーロッパではこうした「地域熱供給」システムが普及している。近くに廃熱の発生する工場などがあればそれも使える。発電しながら廃熱を熱供給に回す熱電併給(CHP)プラントも多い。日本では発電所で生じる廃熱は環境中に捨てられているが、CHPであれば熱がムダにならず、エネルギー効率は7〜8割に高まる。また多くの熱供給プラントでは、地域のバイオマス資源が燃料として利用されている。

 地域熱供給が普及しているのは、個々にボイラーを持ち燃料を焚くよりもエネルギー効率もよくコストも低い、さまざまな燃料が使いやすいといった理由からだが、気候変動が進むにつれ、ヨーロッパでこれまで経験がなかった集中豪雨や洪水が起こるようになって、もう一つのメリットにも光が当たっているように思う。地震の多い日本では、そのまま、まねするわけにはいかないとも思うが。
[PR]

by greenerworld | 2007-07-27 09:45 | 気候変動  

2050年に50%削減も簡単だ!

 しつこいようですが、「美しい星」=2050年にマイナス50%削減には、具体的な話が全くありません。そこで、またまた当ブログが勝手に予測します。結論から言うと、日本に限っていえば、50%削減は可能だ、とあえて断言します。それもあんまり努力しなくてもいいんです。

 ありがたいのはすでに日本では人口が減り始めているということ。予測では2050年にいまより最大3割人口が減ります。すると、一人あたりの排出を現状に維持していても、それだけでマイナス30%です(笑)。

 しかも、もっとすばらしいことにこのころ65歳以上の高齢者が3人に1人、ないしは5人に2人という超高齢社会になっています。

 若い国と違って、産業の活力は(続きを読む)
[PR]

by greenerworld | 2007-07-26 09:36 | 環境エネルギー政策  

美しい星を目指して〜一人一日1kg減らすぞCO2〜

 具体性のない2050年までに温室効果ガスマイナス50%(「美しい星」)と、それと全く関連しない一人一日1kg削減キャンペーン。協賛企業にサービスを提供してもらって普及を図っているものの、個人登録はわずか8000人強という不人気ぶり。これは温暖化対策ではなく、アベちゃんへの不人気と見た。

 そこで、当ブログが独自に簡単に1kg減らす方法を考えてみました。

 まず、太陽光発電を3kW設置すると、4人家族でだいたい一人一日1kgということになります。これは努力がいりません、たった200万円ほどお金をかければOK。その前に、太陽電池の乗る屋根がないというあなたには、省エネが向いています。

 独居家庭で60ワットの(続きを読む)
[PR]

by greenerworld | 2007-07-25 11:13 | 環境エネルギー政策  

初蝉

 日曜日の夕方、隣家の柿の木でアブラゼミが鳴いた。今年の初蝉だった。今朝は羽化したてのアブラゼミを庭で見つけた。写真を撮ろうと思ったら、飛んでしまった。ニイニイゼミは都心の方では2週間ぐらい前から耳にしている。東京でも、大学のキャンパスとか、古い大きな公園にはニイニイゼミがくらしている。ただ、鳴き声が小さいので騒音の多い都会では気がつかない人が多いだろう(実際、耳鳴りみたいな声だから)。

 アブラゼミの方は、梅雨が開けると鳴き出す「盛夏を告げる」セミだ。関東は今週もはっきりしない天気が続くが、この週末には選挙カーの連呼に代わってアブラゼミの声がにぎやかになるだろう。
[PR]

by greenerworld | 2007-07-25 08:32 | 花鳥風月  

牛肉1kgにCO2が36kgついてくる

 牛肉生産に伴い、大量の温室効果ガスが排出されていることが、つくばにある畜産草地研究所・荻野暁史研究員らがニューサイエンティスト誌に発表した論文で明らかになった。

 その量はCO2換算で牛肉1kgあたり36.4kgにもなる。ガソリン15.8リットルを燃やすのとほぼ同じCO2を排出しているということだ。牛肉1kgには36.4kgのCO2がついてくると言ってもいい(こういう考え方をカーボンフットプリント=CO2の足跡という)。

 1回150gの牛肉を週2回食べれば、牛肉消費量は年間に15.6kgになり、これだけで約570kgのCO2を排出することになる。ガソリンに換算すると246リットルなので、燃費のよい小型車ならば3,000kmほど走るのと同じ。電気に換算すると約1500kWhで、家庭の4〜5か月分の消費量、または40Wの蛍光灯103本を1年間点灯し続けるのに相当。

 いったいどこでこんなに(続きを読む)
[PR]

by greenerworld | 2007-07-21 10:16 | スローフード  

原発に頼って大丈夫なのか

 中越沖地震で東電柏崎刈羽原発の運転が止まった。今回の地震の規模が建設時の想定を上回る大きさだっただけでなく、原発直下に断層が走っている可能性が高くなった。東電は断層の深度が深く、地上への影響は考えられないというが、そんなことは起こってみて初めてわかることだ。大地震の震源になるかもしれない場所の真上に原発が立っている。こんな恐ろしいことはあるまい。

 これでますます不安に思うのは、静岡県の浜岡原発である。ここは東海地震の想定震源域のほぼ中央にあるのだ。もちろん日本中どこに行っても、地震からは逃れられない。能登半島地震でも、近くには志賀原発があった。他にも想定していなかった地震が起こる可能性は否定できない。地震大国日本に原子力発電があること自体がヤバイんじゃないの。

 こんな状況にもかかわらず、(続きを読む)
[PR]

by greenerworld | 2007-07-19 11:18 | 環境エネルギー政策  

政府庁舎に太陽光? 他にやることがあるんじゃないの

 読売新聞(電子版)によれば、国は、今年度から2012年までに、全国の政府庁舎に太陽光発電パネルを設置する計画を進めているそうだ。2012年は京都議定書の約束期間最終年だから、目的ははっきりしている。年間1,000万kW時分の発電を期待しているとのことなので、日本における平均的な発電量からすると、設置出力で1万kW(10MW)程度ということか。70万円/kWとして70億円。なんだかんだで100億円ぐらいの事業だろう。それが全部税金でまかなわれるということである。

 一方、風力発電に続いて太陽光発電でも世界トップの設置となったドイツ。2005年にそれまで太陽光発電設置世界一だった日本を抜き去り、昨年一年の設置出力は日本の倍に達した。日本の昨年の設置出力はとうとう前年比マイナス。国内メーカーの世界シェアも下がっている。しかも国内で生産された太陽電池の4分の3がドイツを中心とする海外に回っている。以前から言ってきたが、このままでは太陽光発電の国内市場が縮小し、太陽熱と同じ道をたどりそうだ。

 ドイツはこの7月に(続きを読む)
[PR]

by greenerworld | 2007-07-16 15:17 | 環境エネルギー政策  

ヒヨドリの至福

f0030644_15481831.jpg
 いや〜、この一杯がやめられないっす。
[PR]

by greenerworld | 2007-07-09 15:49 | 花鳥風月