管理者へのメール / 管理者のプロフィール


<   2007年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

バイオ燃料──二つの懸念

 チンパンジーの行動研究の先駆者で、その保護活動にも力を注ぐジェイン・グドール博士が、アメリカのクリントン・グローバル・イニシアティブで開かれたシンポジウムで、バイオ燃料による熱帯林破壊の懸念を訴えた。

 化石燃料を燃焼させるだけでなく、森林破壊そのものが温室効果ガス排出の原因のうち20%も占めている、と博士は言う。しかも、森林は先住民、野生動植物の生活の場でもある。このままのペースで森林破壊が続けば、われわれが生きているうちにチンパンジーなどの動物は絶滅するだろうと。

 サトウキビやパームの場合、生産から燃料の生成の過程での化石燃料消費が少なく、温室効果ガス削減効果は高いとされている。しかし、サトウキビやパーム栽培のために、ブラジルやインドネシア、ボルネオの森林を切り倒すことは、地球温暖化を防ぐことにならないどころか、加速することになるかもしれないのだ。それどころか、取り返しがつかない土壌浸食や生態系の破壊をもたらす。「バイオ燃料ならなんでもよいということにはならない。その原料がどこからもたらされるかによる」(グドール博士)

 だが、熱帯林を破壊しないバイオエタノールであっても、問題は多い。トウモロコシ起源ではほとんど温室効果ガス削減効果がないという調査結果もある。小麦やテンサイなども同様だ。しかも、穀物価格の急騰を招き、さまざまなところに影響が出始めている。日本でスナック菓子やインスタントラーメン、肉製品などが値上がりし始めているのはその一部にすぎない。

 アメリカでは穀物価格上昇で、予算で購入できる援助向け食料が減っているという。今年は2000年に比べて半分に減ってしまった。紛争地域などに暮らす、貧しい人々向けの食料援助が大幅に減っているのだ。

 穀物価格上昇で潤う農民もいるが、それは近代化が進み資本もある先進国の大規模農民だけだ。多くの発展途上国の零細な農民たち、小作農民たちはむしろその悪影響を受けるだろう。ましてや土地をもたない都市の貧困層は穀物価格の上昇に直撃される。

 中東の石油への依存から脱却するために、自動車燃料のバイオ燃料化を進めるというブッシュ構想は、結果的にますます世界を混迷させ、不安定にする結果になるのではないだろうか。
[PR]

by greenerworld | 2007-09-29 15:43 | エネルギー  

ツリフネソウとツユムシ

f0030644_18422923.jpg
 わが家近くのツリフネソウの群落。ここでは崖線からの湧水が湿地をつくっているがツリフネソウが生えているのは、日当たりのよいところだけ。いつもの年より花が咲くのが遅れているようだ。それにしても見れば見るほど奇妙な花。セスジツユムシ(褐色型)が葉の上でじっとしていた。ツユムシはたいていじっとしているが、褐色型なのに緑の葉の上にいたんじゃあ、すぐに見つかってしまうよ。
[PR]

by greenerworld | 2007-09-28 18:49 | 花鳥風月  

新政権は環境問題にどう立ち向かうのか

 前首相がおもちゃ箱をひっくり返して退陣したあと、福田康夫氏が第91代総理大臣に選出された。大臣の顔ぶれは前政権をほぼ引き継ぎ、独自性はない。党役員人事がこの内閣の性格を表しているのだろう。

 最近は右翼団体も環境を前面に出す時代だが、安倍前首相も改憲を悲願としつつ環境問題にも取り組む姿勢をかなり強く打ち出していた。残念ながら、彼のイデオロギーとしての美しい国と、美しい星のコンセプトには大きな隔たりがあったが、それを躊躇なく同じ土俵にのせてしまうところが彼の思想の限界だった。ブレーンがいなかったのだろう。だが具体性はなかったものの、実際キャッチフレーズとしてハイリゲンダムサミットで打ち出した「美しい星50」は、世界にというより日本国内に向けてかなりインパクトがあったと思う。その点は評価している。

 さて、福田新首相の環境への取り組みはどうだろうか。比較の問題だが、少なくとも麻生氏より環境問題への認識はあるように見える。福田氏の総裁選出馬に当たっての政権公約では、環境立国の推進を掲げ、洞爺湖サミットの成功、環境技術と人材育成での国際貢献、ストック型社会の構築がうたわれている。いずれも具体性はなく、出馬に当たって大急ぎでまとめた印象は否めない。ただ、「ストック型社会の構築」に関しては、今年6月福田氏自身が会長としてとりまとめた、自民党住宅土地調査会の「200年住宅ビジョン」がかなり反映されているのだろう。しかし、戦後の日本経済は、短期のスクラップアンドビルドで成り立ってきた。「ストック型社会の構築」を本気でやろうとしたら、日本の経済政策、環境政策の大きなターニングポイントになる。新首相がどこまで深くそれを認識しているのだろうか。

 石油会社に長く勤務しながら、エネルギー問題や気候変動問題には今のところ言及はない。洞爺湖サミットに向けて「美しい星50」を引き継ぐだけでなく、具体的肉付けを期待したいものだ。

 新首相のリーダーシップはどこまで発揮されるのか、とりあえずはお手並み拝見。
[PR]

by greenerworld | 2007-09-25 21:34 | 環境エネルギー政策  

あれは拉致だったんだろうか?

 今ごろになるとふと思い出すことがある。いや、そうではない。すっかり抜け落ちていた学生時代のある出来事の記憶が、5年前突然よみがえったのだ。

 20歳の9月。定期試験を控えた朝、アパートを出て大学に急いでいた。そのころ住んでいたのは大学の裏門から徒歩15分ほどのぼろアパート。そのまわりはごちゃごちゃした下町だったが、少し歩くと邸宅が立ち並ぶ閑静なお屋敷街で、その中を抜ける坂道が通学路。日中でも人通りはほとんどなかった。

 大学に向かって坂道を上っていくと一台の乗用車がゆっくりと追い抜いて、1〜2メートル先で止まった。助手席と後部座席のドアが開き、スーツを着た男が二人降りてきて、話しかけた。

 「宝石を買わないか。事情があって安く売っている」

 宝石? 何言ってるんだこいつら。いくらまわりがお屋敷街だって、姿格好を見れば貧乏学生だってわかりそうなものなのに。これは詐欺の類か、関わらないのがいちばん……。

 「けっこうです。興味もありませんし」

 「そういわず、見るだけでも。車の中にたくさんあるから」

 男は腕をつかんで車に乗せようとする。誘拐か? 勘違いするなよ、俺はこのあたりのお屋敷のお坊ちゃんじゃないぞ。

 車は坂の上を向いて停車している。男の手ををふりほどき、きびすを返して走りだした。坂の下には商店もある。交番もある。とにかく全速力で走った。

 坂の下に着いてようやく振り返った。誰も追ってきてはいなかった。交番に飛び込み、今あったことを説明すると、パトカーで本署まで連れて行かれ、事情聴取を受けた。試験前なのに講義を何コマか棒に振ってしまったのが痛かった。だがすぐにそのことも忘れてしまった。
 
 5年前の2002年9月、小泉首相(当時)が電撃的に北朝鮮を訪問し、拉致被害者の蓮池さん夫妻、地村さん夫妻、曽我ひとみさんらと面会、5人は翌月帰国した。

 蓮池・地村夫妻が自分と同年代だったため、それまで他人事だった拉致問題が俄然身近に感じられた。そのころ様々なメディアで取り上げられた情報で、日本海側の海辺だけではなく、都市で拉致されたケースもあると知った。

 そういえば、あれはいったい何だったのだろう。20歳の9月に東京の片隅で自分自身に降りかかった事件を、心臓の高鳴りや高揚した気分とともに思い出した。詐欺や誘拐にしては状況が不自然だ。だからといって、それ以外の何か別の事件だったという確証もない。ただ、あのときの自分の判断はけっこう冷静だったなと思うだけなのだが。
[PR]

by greenerworld | 2007-09-24 00:03 | 森羅万象  

コカコーラがカーボンフットプリント表示へ

 イギリスでは、政府系企業のカーボントラストと英国規格協会(BSI)が商品にカーボンラベルを表示させるしくみづくり(カーボンフットプリント・スタンダード)を進めており、すでにウォーカーズというスナック菓子に表示がついていることを以前紹介した(「ポテトチップの袋にCO2排出量表示」5.31)。この枠組みにコカコーラ、紙製品のキンバリー・クラーク、ミルクチョコレートのキャドベリー・シュウェップスなど9社が新たに参加することになった。もちろん同種製品が参加しなければ、購入の際比較して選ぶことはできない。しかし、表示製品や取り組む企業への信頼度は高まるだろう。こんな取り組みこそ日本で始めたいね、環境省さん。
[PR]

by greenerworld | 2007-09-23 16:23 | エコエコノミー  

薄膜太陽電池生産に拍車がかかる

 シリコン・アモルファス、シリコン微結晶、CIS(銅インジウムセレン)、CdT(カドミウムテルル)などの薄膜太陽電池は、シリコン結晶系に比べて面積あたり発電性能はやや劣るものの、省資源・省エネルギーで生産できる。結晶シリコン系が原料不足などで供給能力に不安が広がったため、このところ急速に薄膜系への投資が進んでいる。日本ではホンダ、昭和シェルソーラーがCISの生産・販売を開始、アモルファス・微結晶(または薄膜多結晶)ハイブリッドタイプは、カネカ、三菱重工、富士電機、シャープなどが手がけている。アメリカではシリコンバレー系ベンチャーなどのプロジェクトに巨額の資金が集まっているのは、以前書いたとおり(06.9.18)だが、ここへ来てさらに多くの企業が薄膜太陽電池への投資に積極的になっている。コロラド州ではAVAソーラーが200MW(メガワット;=20万kW)のCdT薄膜太陽電池プラントを立ち上げる。同社によれば、モジュールは2ドル/W程度で販売できるという(換算すると23万円/kWで現在最も安いパネルの半分以下)。GEエナジーはやはりコロラドにあるCdTベンチャー、プライムスターソーラーに出資した。

 ヨーロッパでは、ドイツの大手ガラスメーカーで太陽エネルギービジネスも手がけるシューコが電力大手エ・オンと組んで、薄膜太陽電池を組み込んだ外壁材(ソーラーファサード)の生産に2008年から取りかかるという。アジアでも、シンガポールでソーラーモーフ社がアモルファス+微結晶太陽電池の生産工場を立ち上げる計画だ。

 結晶シリコン太陽電池原料生産への投資も進んで品薄感は遠のいてきた。当面市場は結晶系優位で推移するだろう。しかし、コスト削減の可能性が大きい薄膜系が思ったより早く普及するかもしれない。ここ数年中国・台湾勢の台頭やM&Aで、メーカーの入れ替わりが激しい太陽電池業界だが、2010年には薄膜系メーカーが上位進出している可能性もある。
[PR]

by greenerworld | 2007-09-20 10:25 | エネルギー  

めざせ! オール「非」電化住宅─冷房編─

 温暖化・ヒートアイランド化が進むと気温が上がり、冷房需要が高まる。かといって電気式のエアコンを使えば廃熱によって都市・市街地はますます暑くなる。電力消費量も上がり、ピーク電力が高まり、さらに温暖化を招きかねない。電気を使わずに何とか冷房ができないだろうか。それもぎらぎらと輝く太陽のエネルギーを使えれば、理にかなっている。

 単純に考えれば太陽電池で起こした電気でエアコンを動かせばいい。しかし、電気を使わないで、あるいは電気の使用を最小限にして、冷房することも可能だ。太陽熱を使った冷房技術は以前からあり、日本でも矢崎総業などが製品化している。原理としては、太陽エネルギーで熱水(90℃くらい)をつくり、吸収式冷温水機という装置で冷水にし、これで冷房を行うものだ。補助熱源としてはガスなどを使うが、発電機の廃熱を使ってコジェネレーションシステムにすることもできる。吸収式冷温水機は低温で気化するアンモニアなどを使った一種のヒートポンプである。温水もつくれるので冬は暖房ができるし、給湯にも使える。

f0030644_2243331.jpg このところ毎年のように熱波に襲われるヨーロッパでは、CO2を発生させない冷房技術として、太陽熱冷房システムの研究が盛んに行われている。まさに熱を持って熱を制するものだ。写真は今年群馬循環器病院(高崎市)に導入された太陽熱冷暖房システムの集熱器で、ドイツ製の高性能なものだ。

 しかし、このシステムは大がかりでコストもかかる。一方、冷房期間は短いから、個人住宅に向いているとは言えない。実際先の矢崎総業のシステムもあまり普及しなかった。もっと簡便なものがいい、ということで考えてみたのが、放射冷却を利用した冷房装置。夜間の放射冷却で水を冷やし、その水で室内や床下に置いた貯水槽内の水を冷やしておく。冷えた水は自然に降下し、温かくなった水が熱放射パネルまで来てまた冷やされるので、動力はいらない。パネルを置くのには北向きの屋根や壁面が使える。冬は太陽熱の温水を送れば暖房になる。これなら工務店で対応できる。

 まあ、大きな冷房効果はないかもしれないが、冷房負荷を下げる役には立つだろう。断熱と通風、緑を活用した日射遮蔽などを組み合わせれば、電気を使わなくてもけっこう快適に過ごせるのではないだろうか。まあその前に、都市デザインの見直しが必要だけど。
[PR]

by greenerworld | 2007-09-18 22:44 | エネルギー  

マクドナルドのキャンペーンは逆効果では?

 マクドナルドが『めざせ!1人、1日、1kg CO2削減』キャンペーンに協賛して、活動の告知とともに、環境省のサイトからダウンロードできる「私のチャレンジ宣言」カードを店頭で提示すれば、ビッグマックを半額(150円)で提供するというんだけど、これってもしかすると、CO2を増やす結果になるんじゃないか。

 7月21日に当ブログで紹介したように、牛肉生産には1kgあたり36.4kg(CO2換算)という大量の温室効果ガスを伴う。ビッグマックにどのくらいの牛肉が使われているかわからないが、27g(CO2で1kg相当)以上はあるだろう。がんばってCO2減らしたごほうびにビッグマックを食べて、CO2増加させてたんじゃ意味がないんじゃありませんか? マクドナルドのおかげでキャンペーン登録者が増えてるそうだけど、環境省さん、それでいいんですか? 
[PR]

by greenerworld | 2007-09-17 19:04 | エコエコノミー  

オペルのディーゼル・ハイブリッド、セグウェイ付

f0030644_1034665.jpg ドイツ・フランクフルトモーターショーで、GMの子会社オペルが環境対応のコンセプトカー「Flextreme」を出展している(写真はOPELホームページ http://www.opel.com より)。

 GMが1月に発表したシボレーVOLTに使われた技術をベースにした、プラグイン・ハイブリッド車(家庭で充電できるハイブリッド車)。VOLTと異なる点は、ガソリンではなくディーゼルエンジンを搭載しているということ。しかもセグウェイが2台後部トランク下部に収納される。

 「Flextreme」は4人乗り。220V電源によりリチウムイオンバッテリーにフル充電すれば、約55km走行できるという。フル充電に要する時間は3時間。日常の使用ではほぼ電気だけですむ。電気とディーゼル燃料の併用で、充電・給油なしで走り続けられる距離は715km。走行1kmあたりCO2排出量は40gというから、ガソリン車ならリッター58kmの燃費に相当する。

 他にVOLVO Carsもプラグインハイブリッドのコンセプトカーを出展しており、日産はコンセプト電気自動車「Mixim」を出展。温暖化対策・脱化石燃料はこのモーターショーでも大きなテーマになっているようだ。
[PR]

by greenerworld | 2007-09-14 10:37 | エネルギー  

めざせ! オール「非」電化住宅─太陽熱編─

 びっくりしたなあ、所信表明演説だけしていきなり辞任って前代未聞。それも小沢代表に党首会談断られたからと……。美しい星の実現のために、まだまだがんばってほしかったのに(T_T)。

 さて政局の混乱の間にもCO2は排出され、温暖化は進む。CO2削減には「非電化」だというわけで、非電化技術の代表である太陽熱利用にもっとがんばってもらわなければならない。このブログでは何度か指摘しているが、日本はかつて太陽熱大国だったにもかかわらず、いまそのストックは年々減少しており、太陽熱機器を製造するメーカーも、数えるほどしかない有様。太陽熱温水器をつけたいと思っても、近所で扱っているところありますか? 東京農工大の秋澤淳準教授らの調査では、驚くことに「太陽熱温水器を知らない」という回答が4分の1もあったそうだ(生存科学シリーズ2、秋澤編著『自然エネルギーで地域がかがやく』、公人の友社)。

 現太陽熱大国の中国は別格としても、ヨーロッパでは風力・太陽光発電・バイオマスに加え太陽熱利用も大きなブームを迎えつつある。一般的に太陽光は発電事業として大面積で設置、太陽熱は戸別の利用という傾向が強いが、地域熱供給に接続した集中型の太陽熱利用もある。戸別の場合でもセントラル給湯・暖房の熱源として貯湯槽を設けている。

 一方で日本では給湯用温水器としての単独利用が中心。住宅事情から、貯湯槽やボイラーを置けない家も多いため、集熱部と貯湯部が一体になっているタイプがほとんどだった。太陽熱は夏冬や晴雨の変動があり、一方で個々の家庭の温水利用パターンは異なるから、給湯用としても地域で共同利用する方が利用効率はいいことはわかっている。しかし、それにはインフラの整備にもコストがかかるし、既存の住宅地では導入しにくい。

 日本ではやはり、戸別に太陽熱温水器として利用するのが、いちばん普及させやすいのではないかと、最近思い直している。

 太陽熱温水器が普及しない理由として、価格が高い(実際には太陽光より早くちゃんと元が取れます)・効果が見えない(使ってみると効果はよくわかります)・見た目が悪い(これまでの温水器は確かに)・屋根が傷む(きちんと設置すれば大丈夫)などの声がある。先の農工大秋澤氏は、システム価格が15万円であれば20%以上が受け入れると見ている。現状では安いタイプでも三〇万円。価格低下を量産効果で実現するには、とりあえず政策的な導入が必要だろう。

 もう一つはデザインである。うちの屋根にもつけてみたいと思わせることが必要。価格15万円でかっこいいというのが、ねらい目と思う。オピニオンリーダーとかスターが家にこぞってつけているようなイメージ戦略も必要だ。

 だからほんとうはアベちゃんのお宅にも、総理官邸にも率先してつけて宣伝してほしかった。何しろ、試算してみると家庭用温水器1台で東京では年間0.44トンほどCO2排出が回避できる。アベちゃんのところは2人家族だから、これだけで1人1日0.6kgなんです。

 次回は太陽熱冷房のアイデアを。
[PR]

by greenerworld | 2007-09-12 14:53 | エネルギー