管理者へのメール / 管理者のプロフィール


<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

暫定税率問題─ひょうたんから駒?

 ガソリンという矮小なテーマで与野党対決状況が演出されてうんざりしていたら、少しおもしろくなってきた。

 民主党は揮発油税と地方道路税にかけられているいわゆる暫定税率(両税を合わせてガソリン1リットルあたり25.1円)の期限がこの3月31日に切れることから、この廃止を訴えている。折からのガソリン高騰が産業や国民生活を直撃しており、暫定税率廃止でガソリンを値下げさせようというのだ。

 ただし同党は、税を本来の枠に戻すためのものでガソリン値下げは本筋ではないと主張している。両税は受益者負担という名目で道路を造るために使われる、いわゆる道路特定財源で、この巨額の財源に政・官・業が群がり、暫定税率を膨らませてきた経緯がある。

 言ってみれば、道路建設専用の財布からお金を取り上げようというもので、道路族が大きな力を持ってきた自民党は当然反対する。この財源がなくなれば道路整備、とくに地方の道路整備が難しくなり、自治体の財政を圧迫するというのが自民党の主張である。

 雲行きが変わってきたのは、町村官房長官が特定財源を地球温暖化と結びつけたからだ。ガソリン値下げは環境問題にマイナスとなる、言い換えればガソリンの価格を高く維持することで、ガソリン消費抑制に役立っているという論である。

 これには驚いた。ガソリン税は道路建設のための税で本来温暖化対策とは全く関係がない。むしろ道路整備は自動車の利便性を高め、温暖化の防止に逆行してきた。温暖化対策を言うなら、自動車を使いにくくするのが筋である。もちろん、ガソリンの価格を高くするのも一つの方法だろう。それには、環境税という方法がある。受益者負担ではなく、ペナルティを払うという考え方である。ヨーロッパでは環境税(または炭素税)は環境対策に使われる他、福祉や年金・所得税の軽減に使われ、企業や個人の負担が総合的に増えないように配慮している。少なくとも道路建設に使われることはない。

 と思っていたら、今度は石原伸晃前政調会長が、暫定税率が期限切れになれば環境税に形を変えることも考えるべきとテレビ番組で発言したそうで、またまた驚き。もっとも石原氏の父上は国に先駆けて東京都に環境税を導入しようとしているので、全く唐突に出てきた話でもない。町村官房長官の牽強付会が思わぬ方向にころがり出すかもしれない。

 暫定税率問題、こう考えるとけっこう重要な論点になりうる。通常国会では道路政策、交通政策、エネルギー政策、環境政策などなど、幅広い観点からキチンと議論してもらいたいものである。
[PR]

by greenerworld | 2008-01-20 16:07 | 環境エネルギー政策  

薪も燃やせる外付け型のペレットボイラー

 欧米ではペレットボイラーでセントラル給湯暖房という住宅が多い。個人住宅でも機械室を持ち(たいてい物置や乾燥室と兼用となっている)、そこにボイラー、ペレットタンク、貯湯槽が置かれている。貯湯槽からは浴室やキッチンへの給湯の他、パネルヒーターを使った暖房も行われる。

 日本の住宅は機械室を持つ設計をしないので、こうしたシステムは建設費も含めてコストと手間がかかる。最近ヨーロッパでも小屋タイプのボイラー、ペレットタンク、貯湯槽が一体となったシステムも出てきた。これなら後付で設置して、既存の配管につなぐだけだ。

f0030644_13374036.jpgf0030644_13375382.jpg 写真上の「ウッドマスタープラスAFS-900」はアメリカ製のペレットボイラー。やはり外付けで、貯湯槽が一体になっている。配管に接続するだけで、暖房・給湯が可能だ。もともとアメリカ中北部の穀倉地帯などで、余ったトウモロコシや大豆も燃やせるように工夫されたもの。日本ではそんなことをしたらバチが当たると言われそうだが……。

 ヨーロッパのペレットストーブやボイラーは、木部のおが粉だけを固めたホワイトペレット専用に設計されているものが多い。どこが違うかというと、穀類、草本系の燃料はシリカが多く灰が固まって燃焼皿を詰まらせる。通気が悪くなりうまく燃焼しなくなるのだ。ウッドマスタープラスはこの固まりを砕いて灰受けに落とす機構が備えられている。これだと日本でつくられている樹皮(バーク)ペレットも、問題なく燃やせるそうだ。

 ウッドマスタープラスの輸入を手掛ける、有限会社河西社長・河西広実さんはもう一つ独自のアイデアを試してみた。燃焼皿の上に金属製の枠を置いて、その上に薪を置くと薪も燃料にできるのだ(写真下)。製材所の端材や家庭で発生するせん定枝も燃やせる。薪を加えることで急速加熱も可能になるという。

 河西さんは伊勢原市に完成したばかりの自宅にウッドマスタープラスを一台設置し、自らその使い勝手を試している。このシステムは太陽熱とのハイブリッド。お風呂や台所の給湯+床暖房用の熱源として太陽熱を、そのバックアップとして、ペレットボイラーを使う。100%自然エネルギーの給湯と暖房だ。

 ウッドマスタープラスAFS-900の販売価格は147万円を予定。ガスや灯油の給湯機に比べればかなり割高ではあるが、貯湯槽も一体になっており、そのままで本格的な給湯暖房システム用熱源として使える。機械室を建てる必要もない。出力約30kWという能力からすると日本の家屋だと2〜3軒分まかなえる。小さめの公共施設やオフィスでも使えるのではないか。農業用ハウスの加温などにも利用できそうだ。

 有限会社河西 http://www.h-kasai.co.jp/

 詳しいレポートは2月下旬発売予定の季刊ソーラーシステム111号をごらん下さい。
[PR]

by greenerworld | 2008-01-17 13:44 | エネルギー  

日本の埋蔵金──佐渡金山388年間の87倍!

 「史跡佐渡金山」のHPを見たら、佐渡金山で388年間にわたり掘り出された金は78トン、銀が2,300トンだったそうである。え〜、たったそんだけ〜? しかも平成元年(1989年)まで採掘されていたとはつゆ知らなかった。

 昨日書いたように(都市鉱山──実は資源大国ニッポン)、国内“都市鉱山”に埋もれた金の量は6,800トンもあり、佐渡金山で388年間に掘り出した量の87倍にも達する。銀は60,000トンで26倍。現代日本の隠れた埋蔵量はとてつもない量ということがわかる。

 ああ、もったいない。

 史跡佐渡金山 http://www.sado-kinzan.com/
[PR]

by greenerworld | 2008-01-13 10:38 | エコエコノミー  

都市鉱山──実は資源大国ニッポン

 このところの石油高騰は生活や産業に大きな影響を投げかけているが、高騰しているのは石油ばかりではない。金やプラチナには投機筋の資金が流入しており、原油価格上昇やドルの下落に連動して高騰している。それ以外にもステンレスや銅やアルミが盗まれる事件が続発しているように、主要金属が軒並み高騰している。これは高成長を続ける中国やインドで需要が高まっていることもさることながら、金属資源そのものが有限で埋蔵量の限界を迎えているということも大きい。

 そんな中、独立行政法人物質・材料研究機構が発表したレポートは興味深いものがある。資源“小国”であるはずのわが国に、世界有数の金属資源が眠っているというのだ。その場所は“都市鉱山”。簡単に言えば、原料や、部品・製品に含まれて輸入される素材量から、同じく輸出される部品・製品に含まれる素材量を引いたものが、国内蓄積として推計される。これが“都市鉱山”だ。

 同機構の発表によると“国内埋蔵量”の多いのは以下のような資源。

 インジウム:1,700トン(世界の現有埋蔵量の61%)
 金:約6,800トン(同16%)
 銀:60,000トン(同22%)
 アンチモン:340,000トン(同19%)
 スズ:660,000トン(同11%)
 タンタル:4,400トン(同10%)

 これ以外にプラチナは“埋蔵量”2,500トンで現有埋蔵量の3.6%だが、世界の年間消費量の5.4倍にもなる。リチウムは同じく7.4倍、インジウムは3.8倍だ。

 インジウムは液晶やプラズマディスプレイの電極やLEDに使われており、今後はCIS太陽電池の原料としても期待されている。省エネ、再生可能エネルギーのカギとなる資源の一つだ。たぶん、国内にはディスプレイ電極として“埋蔵”されているものがほとんどなのだろうが、それがすでに現有埋蔵量の6割を超えているということは、未採掘資源はもうあまり残っていないということになる。

 いくら都市鉱山の埋蔵量が豊富でも、これらのほとんどは製品に含まれているため、そこから効率よく取り出すしくみが必要である。しかし現状ではこうした製品は廃棄されたあと、低品位の混在物として海外に流出していく状態にあり、本来よりも安い価値で貴重な資源が流出していると、同機構は指摘している。

 “都市鉱山”の資源は薄く広く存在する。しかしそのありかは基本的にわかっている。集めてさえしまえば、天然鉱山から採掘される鉱石より含有率はずっと高いといわれる。廃棄物を回収する、いわば静脈のしくみを整え、そこから、効率よく資源を取り出す技術を確立しなければ、宝の山もただのがらくただ。いや、そうしなければ、ハイテク技術も新エネルギーも、いずれ資源問題で頓挫する。
[PR]

by greenerworld | 2008-01-12 10:54 | エコエコノミー  

インド・タタグループの30万円カー「NANO」

f0030644_19203711.jpg
 ニューデリーで開催されているインドモーターショーで、タタグループが話題の10万ルピー(約28万円)カーを発表した。

 名前はナノ(NANO)。iPodみたいな名前だが、人々の車(People's Car)という位置づけだ。今年末にはインド国内で発売される予定だという。

 NANOは2気筒623CCのエンジンを積んだ、4ドアのコンパクトカー。日本の軽自動車と同じくらいだ。見た目はSmartに似た感じ(というより、そっくり)。価格はスマートの6分の1。ただし最も安いスタンダードモデル(写真)ではエアコン、パワーステアリング、パワーウィンドウはついていない。

 中国と並び高成長が続く21世紀の大国インドでは、生活水準も急激に向上しており、自動車へのニーズが高まっている。こうした小型で格安の自動車は、中国を始めこれから伸びが期待されるマーケットに対応したいわば世界戦略車だ。インドの自動車市場でトップを占める日本のスズキも、10月に1000CCクラスのコンパクトカーを同国内で販売する予定という。

 心配なのは、安い車が短期間に普及することによる環境悪化や事故だが、タタグループのラタン・タタ会長は、インドでは年間800万台のバイクが販売されており、それがもたらす汚染や危険に比べれば、NANOはグリーンでずっと安全だと語っている。

 しかし、これはインドや中国におけるモータリゼーションの爆発の始まりに過ぎない。すでに自動車の便利さにどっぷりつかっている私たちが言うのはおこがましいが、両国合わせて23億人の人々が、先進国並みに自動車で走り回るようになったとしたら、環境にも資源にも大きなインパクトがあるだろう。いやそれより自動車という乗り物自体が成り立たなくなるのではないだろうか。自動車を安くつくろうと思えばできることはわかったが、ほんとうにやるべきなのは自動車からどのように脱却するかではないかと思ってしまった。それは私たちが提案しなければ。
[PR]

by greenerworld | 2008-01-10 19:24 | エネルギー  

カナヘビ縊死?

 庭の月桂樹を剪定していたら、首が枝の又に引っかかって窒息死したような形で、半分ひからびたカナヘビが。枝を登って来たはいいものの、つるっと足を滑らせてしまったのか、それとも温暖化が進行する地球の行く末をはかなんで自ら命を絶ったのか。

 いやいや、どうも横着者のモズの仕業らしい。普通はやにえというと棘に突き刺しておくものだけど、月桂樹の枝には棘がないから挟み込んでいったのだろうか。
f0030644_1542374.jpg

[PR]

by greenerworld | 2008-01-09 15:44 | 花鳥風月  

[Book]『私はフェルメール』

 オランダ生まれの才能と自信にあふれた若い画家だったハン・メーヘレンは、当代の有力な批評家の一人でメーヘレンの最初の個展を好意的に紹介してくれたカーレル・デ・ブルの美しい妻を奪うことで、全ての批評家たちを敵に回してしまう。しかし彼が認められなかったのは、完成された古典的な絵画技法に拘泥し、批評家を虜にするような主題やオリジナリティを絵画の中に表現できなかったからだ。写真が発達し、絵画の世界には新しい波が訪れていた20世紀初頭のヨーロッパ。キュービズムやヴォーティシズム、ダダイズムの台頭を苦々しく思っていたメーヘレンは、何世紀にも渡りうち捨てられてきたフェルメールに深いシンパシーを覚える。

 メーヘレンは(真作が)30数点しかないフェルメールの作品に自分の描いた絵を潜り込ませることを思いついた。幸いなことに彼は、古典絵画の技法と当時の顔料の知識や技術を兼ね備えていたのだ。最初の何作かで批評家たちを引っかけると、まだ日の目を見ていないフェルメールの初期作品─カラバッジョに影響を受けた宗教作品─が存在するはずだという批評家アブラハム・ブレディウスの“予言”に合わせて、大作「エマオの食事」を描くのである。そして、ブレディウスにその絵を発見させるよう罠を仕掛ける。「エマオの食事」はブレディウスによって真作と鑑定され、ロッテルダムのボイスマン美術館に展示される。メーヘレンが、ナチスに協力した嫌疑で逮捕され,全てを告白するまで。

 メーヘレンが逮捕されすべての贋作を告白した後でさえ、その告白を否定する評論家がいたというのは驚きである。「エマオの食事」の完成度が高かった証拠だろうが、その後の贋作はモルヒネやアルコールの影響もあって次第に質が低下する。しかし、「エマオの食事」がフェルメールの真作であれば、その後の作品はたとえ中途半端な出来であっても、フェルメールの手によるものと判断されてしまう。オランダがドイツに占領された時代であればなおさらだ。そしてかのゲーリングまでもが、メーヘレンが描いた“フェルメール”作品を手にしたのである。

 著者のウインは書く。「彼(メーヘレン)の非凡な成功は、専門家を騙すような傑作を描いて黄金時代の巨匠と肩を並べたことにあるのではない。どんなに作品がまずくても、人体表現がお粗末でも、出所由来が不確かでも、最も学識あるフェルメール批評家たちはやすやすと醜いヘボ絵を真作として聖別する、そのことを証明したことにあった」

 ストーリー仕立てで話の運びはスリリング。ただ、おそらく原著のままなのだろうが、同じ人物が愛称で呼ばれたり、ファーストネームで呼ばれたり、ラストネームで呼ばれたり、出身地名で呼ばれたりするところは、翻訳に当たっては整理した方が良かった。何カ所か表現にわかりづらいところも。そのあたりで読みにくくなってしまったのは残念。

 『私はフェルメール』
 フランク・ウイン著/小林頼子・池田みゆき訳
 ランダムハウス講談社 1800円+税
[PR]

by greenerworld | 2008-01-05 18:00 | レビュー  

ペレットストーブのドラフト改善(続き)

 ドラフト改善の甲斐あって、ペレットストーブの燃焼状態も格段に良くなり、年末年始は暖かくすごすことができた。ところで、室内の煙突の温度が60℃くらいあるので、これを外に逃がすのはもったいないと、少しでも放熱を良くするために、図のような放熱器(というほどでもないですが・・・)を取り付けてみた。熱伝導率が高い銅板を加工して、耐熱塗料で黒く塗ったもの。ちなみに上のレバーは空気調節用のダンパー。f0030644_10381147.jpgこれで室内によりたくさんの熱を放ってくれるはず、と期待したのだが、フィンの部分をさわって見ても、あまり熱くない。上側の煙突の温度も下がっていない。密着が十分でないのも理由のようだが、伝熱面積がこの程度ではあまり効かないのかもしれない。煙突に銅管を巻いて温水をつくり、パネルで放熱させることも考えたが、加工が本格的で自分の手には負えそうもない。この熱を床暖房に持ってこれるといいんだけど。
[PR]

by greenerworld | 2008-01-04 10:42 | エネルギー  

ナノソーラーが薄膜太陽電池を初出荷

 昨年12月中旬、米カリフォルニア・シリコンバレーの太陽電池製造ベンチャー、ナノソーラーの製造ラインから、初めての薄膜太陽電池が出荷された。ナノソーラーの太陽電池は現在主流のシリコン結晶系ではなく薄膜系と呼ばれるタイプで、銅-インジウム-セレンの化合物。一般にCIS(またはガリウムを加えてCIGS)と呼ばれている。ナノソーラーでは、原料をインクのようにアルミニウムシートの上に“印刷”して製造するため、きわめて低コストでの生産が可能になるという。同社の太陽電池Nanosolar Powersheetは米・科学誌ポピュラーサイエンスの「2007年の最高技術革新」に選定された。同社では、すでに東ドイツ地域で1MW(メガワット、メガは百万)の太陽光発電所への受注に成功したとしている。

 ナノソーラーを率いるのはCEOのマーチン・ロシュアイゼン氏。氏自身のブログによれば、ドイツ・ミュンヘン生まれのオーストリア系で、ミュンヘン工科大で修士、米・スタンフォード大学で博士号を取得、シリコンバレーでいくつかのIT企業を成功させた後、2001年にナノソーラーを立ち上げた。その後、2006年には投資家などから1億ドルもの資金を集め、将来的に430MW/年とする生産計画を発表して大きな注目を集めた。

 ナノソーラーの太陽電池は、出力1ワットあたり99セントの価格が可能だとしている。円に換算すると11万4000円/kWということになる。出荷価格だとしても、これが本当ならば、現状では周辺機器や工事費込みで200万円程度かかる3kWのシステムが100万円以下になるだろう。30万円/kWという価格は、発電単価にして20円/kWh以下となるため、太陽光発電システム普及の目安価格となっている。大規模なシステムであればさらに単価は下がる。原料シリコンの調達に苦労し、なかなか価格を下げることができないシリコン結晶系太陽電池には、大きな脅威となるかもしれない。

 ナノソーラーの太陽電池の変換効率はどの程度なのか、同社のサイトを見たが数値は見あたらなかった。通常のCIS系と同じ10%前後とすれば、多結晶シリコン太陽電池よりやや低く、結果として同じ出力で面積を余分に取ることになる。ただ、インゴットをスライスしてつくるシリコン結晶系は、どうしてもセル間にすき間が生じる。シート状のCISはすき間は生じない。発電効率の差ほど面積に差は出ないだろう。

 驚くべきは、ナノソーラーシートのエネルギーペイバックタイム(EPT)である。EPTは製造に要するエネルギーを発電によってどのくらいの期間で回収できるかを表す数字で、これがシステムの耐用年数を超えていれば、ライフサイクルでエネルギー収支がマイナスとなり全く意味がないことになる。結晶シリコン太陽電池は、生産規模にもよるが2〜3年と言われている。NEDO(新エネルギー産業技術総合開発機構)では、100MWの生産規模で多結晶シリコン太陽電池のEPTを1.5年としている。これに対してナノソーラーの太陽電池は1か月以下というのだ。風況の良い場所に建設する風力発電より短い。同社のパネルは25年保障なので、少なくとも24年と11か月分、CO2フリーで電気を供給してくれることになる。

 ナノソーラー http://www.nanosolar.com/
[PR]

by greenerworld | 2008-01-02 11:34 | エネルギー