管理者へのメール / 管理者のプロフィール


<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

これで国内太陽光設置は前年割れ必至

 来年から経産省が太陽光発電の補助金を復活させるという。住宅用太陽光発電システム設置に対する補助金制度は1994年から始まり、2005年度に終了した。最後は1kWあたり2万円だったが、それでもないよりはまし。それに設置に対する「公的なお墨付き」という意味合いはあった。どういうことかというと、「国も補助金を出して応援しているんですから」というセールストークに使えたわけだ。しかし、それも終了してしまうと設置は足踏み。昨年はとうとう前年比マイナス。ドイツに大きく後れを取っているばかりか単年度の設置でスペインにも抜かれた。

 太陽電池大国ニッポンとしては、じくじたるものがある。設置はともかく、生産ではトップを維持していたが、これもドイツのQセルズがシャープを抜いて世界第一位になり、中国のサンテックなども躍進していて、風前の灯火だ。そこで再び国内市場を活性化させようというのだ。

 福田総理が6月9日に発表した「『低炭素社会・日本』をめざして」は、太陽光発電の設置を2020年に現状の約10倍、2030年には約40倍を目標としている。今のようにもたもたしていたのでは、とても達成はおぼつかない。そこで何らかの支援制度を復活させ、3〜5年後にはシステムの設置価格を現在の半額程度に低減することを目指すという。

 半額というのは、現行でシステム1kWあたりの設置価格は70万円程度、発電電力1kWhあたり40数円程度の太陽光発電の発電単価を、家庭用電力料金並の20円強に下げることを意味する。お得感が出て、多くの人が設置しようと考えるだろうというわけだ。グリーン電力証書などテクニックを駆使するようだが、制度が複雑になり関連団体がたくさんできて天下りの温床になりそうだ。

 それより何より、将来価格が下がるというのに、目先の今年来年に設置しようという人がいるのだろうか。少なくとも来年度からは何らかの補助制度が始まるということになると、今設置を考えている人だって、来年設置した方が得になりそうだからと思いとどまるだろう。3〜5年後に半額になるというなら、それまで待とうと考えるのが普通だろう。太陽光発電はそれを入れなければ楽しめないコンテンツがあるわけではない。市場を伸ばして価格を下げようというのに、買い控えを誘うのはあまりにも不可解である。

 少なくとも今年の設置が前年割れするのは、これで決定したも同然だ。とにもかくにも愚かしい。
[PR]

by greenerworld | 2008-06-26 23:01 | 環境エネルギー政策  

洞爺湖サミット:最重要テーマは食糧問題?

 アメリカ中西部を襲っている15年ぶりという水害で、農地も大きな打撃を受けている。今回の被害はアイオワやイリノイといったコーンベルト・ソイ(大豆)ベルト地帯で甚だしい。ロイターによれば、イリノイ州では9%のトウモロコシ畑と8%の大豆畑が水につかった。ちょうど育ち始めた時期のトウモロコシや大豆が水没してしまい収穫が期待できないという。植え直したとしても、肥料分も洗い流されてしまっており、時期的にも十分な収穫は見込めない。

 シカゴの穀物取引市場ではすでにトウモロコシや大豆の価格が高騰している。アメリカは世界のトウモロコシ貿易量の54%、大豆の36%を占める輸出国だ。トウモロコシはバイオエタノールの燃料としても使われる。そうでなくとも食糧価格の高騰で発展途上国で暴動が起きるなど、社会不安が増している。食糧危機が洞爺湖サミットの重要テーマに浮上してきたが、福田さん、一体どれだけ危機感を持っているものやら。
[PR]

by greenerworld | 2008-06-23 09:18 | 森羅万象  

東京湾に打瀬舟を復元するプロジェクト

 拙著『マグロが減るとカラスが増える?』(ダイヤモンド社刊)に唯一実名でご登場くださった、木更津の金萬智男さんからメールをいただいた。東京湾の干潟を守る「盤洲里海の会」、ヨードが不足しがちなアジアの山岳地区の子どもたちに海藻を送る「海から山への贈り物プロジェクト」など、陸上でも精力的に活動する漁師さんだ。カイヤドリウミグモの影響で主力のアサリ漁が不振の中、社会的活動に奔走する姿に頭が下がる。

 メールの内容は、打瀬舟建造プロジェクトという、新しく始めたプロジェクトの案内。打瀬舟(うたせぶね)とは小型の木造帆船で、かつて東京湾では打瀬舟が風に帆をはらませ、海面をすべるように走りながらアマモ場に居着く小エビを捕っていたとか。

 打瀬舟の材料は木、それも地場の山からとれた優良な木が使われていたそうだ。山が育てば海が育つ。アマモ場も、ノリも、アサリやハマグリも、アナゴやキスも、江戸前の魚介の恵みは豊かな山があってこそ。その恵みを捨てて、沖へ沖へと、海外へと日本の漁業は発展していった。言うまでもなくそれは安い石油のおかげ。マグロ漁やイカ漁が休漁というニュースが報じられているが、石油が高くなって遠洋は言うに及ばず、沖合の漁業も成り立たなくなってきた。

 なにしろ打瀬舟は石油を使わず漁ができる。しかし、打瀬舟が活躍できるアマモ場、打瀬舟を操船できる漁師、打瀬舟をつくる船大工、打瀬舟の材料となる地場の木、いずれもが風前の灯火。いま取り組まなければ、それらを後世に伝えることができない。

 金萬さんたちは1000人を目標にプロジェクトの賛同者を募っている。一口1万円で舟主も募集するそうだ。詳しくは下記へ

 打瀬舟建造プロジェクト http://utase.yokochou.com/
[PR]

by greenerworld | 2008-06-19 10:25 | エコエコノミー  

石油、いよいよ減少局面に?

 英系石油メジャーBPが毎年発表している「世界エネルギー統計総覧(Statistical Review of World Energy)」の2008年版が発表された。

 原油生産量は2002年以来5年ぶりに減少。前年比-0.2%だった。一方、石油の消費は世界全体では1.1%伸びているものの、石油価格上昇の影響で消費国は軒並み前年より消費を減らしている。ヨーロッパではスイスの前年比-9.9%、ドイツの−9.0%、イギリス-5.0%、オーストリアの-4.8%が目立つが、主要国では増えていてもほとんどが1%以下で、EU全体では-2.6%。アメリカも0.1%前年より消費を減らした。

 日本は前年比-3.5%と消費を減らしているが、アジア太平洋地区ではニュージーランドとタイを除いては前年より延びている。中国は4.1%、インドは6.7%もの伸びだ。

 石油消費の減った分を補っているのは、もちろん他のエネルギーである。日本は天然ガスの消費が前年より7.8%、石炭は5.2%伸びた。ただし原子力は柏崎刈羽の停止の影響で8.3%減った。日本はエネルギー消費全体も0.9%減っている。EUも2.2%減だが、アメリカはトータルのエネルギー消費は1.7%と増えている。やはりエネルギーがぶ飲み体質は改まっていないようだ。

 興味深いことがある。2007年の石油確認埋蔵量が1兆2379億バレルで、前年の1兆2395バレルよりも減っているのである。アラブの産油国の確認埋蔵量も、最大の産油国サウジアラビアでわずかに減っているなど、全体として減っている。消費の伸びを新規発見が補ってこれまでは確認埋蔵量もわずかながら増える傾向にあったが、ここへ来ていよいよ減少局面に入ったのだろうか。それとも一時的なことなのか。

 石油価格は投機資金が入って実態以上に高くなっていると言われ、産油国はなかなか増産に踏み切らないが、実はこうした事情もあって掘り渋っているのではあるまいか?

 中東産油国はいま石油が涸れたときのために、オイルマネーを次のエネルギーに投資しようとしている。豊富な太陽エネルギーを生かした太陽熱発電や太陽光発電の大型プロジェクトがいくつも進んでいるのだ。わが日本は石油が涸れたらどうするのだろう。
[PR]

by greenerworld | 2008-06-12 17:37 | エネルギー  

不寛容の連鎖と社会的テロ

 無差別・理不尽な犯罪が増え、セキュリティを確保するために監視を強める方向にある。他人に対する不信に満ちた社会で、人はますます差別感・孤立感を強めるだろう。

 不寛容は大恐慌から二つの世界大戦に向かう時代に世界中に吹き荒れた。簡単に言えば、異質を敵視し排除する態度である。ユダヤ人の排斥しかり、黒人差別しかり。日本も例外ではない。

 いまの時代もその不寛容が次第に大きくなっていることを感じる。内に問題を抱えると外に敵を作って眼を外に向けさせることは、体制の常套手段だ。しかしそうした体制下では内もまた一致団結している訳ではなく、憎悪に満ち満ちている。つねにどこかに敵を作っておかなければならないからだ。

 非民主的な体制を持っている国に限らない。日本もいつの間にかそんな二重構造に絡め取られている。特に酷薄な政治家小泉純一郎による改革は、ポピュリズムを利用して、社会に不寛容を蔓延させた。国民の多数(気分として小泉を支持する者)に反対するものは排除してよいという意識を国民に植え付けた。不寛容な社会で人は差別されることを怖れ、他人を差別して安心する。差別される側に回りたくなければ、みなと同じことを言い、みなと同じことをしなければならない。それでも、つねに小さな差異を見つけ出して差別が起こる。いったん落ちこぼれ、差別される側に回ればもはやはい上がることができないと感じ、自死に追い詰められ、あるいは自暴自棄的な犯罪に走る者も出る。そこで犠牲になるのはむしろ弱い立場の人たちである。ますます社会は不寛容になり、差別を強める。このような犯罪に刑の厳罰化は抑止にならないだろう。むしろ極刑を望んで犯罪を起こすのだから、社会的テロと呼ぶべきかもしれない。

 誰もが秋葉原事件の被害者にも、加害者にもなりうる時代だ。被害者を出さないことはもちろんだが、加害者を生まないためにどうしたらいいのか、真剣に考えなければならない。

 私にも事件でなくなられた方々と同じ年代の息子がいる。理不尽にも未来を奪われた悔しさはいかばかりだろうか。衷心より事件で犠牲になられた方々の冥福をお祈りします。
[PR]

by greenerworld | 2008-06-10 14:14 | 森羅万象  

【新刊案内】マグロが減るとカラスが増える?

 新著を紹介させていただきます。

f0030644_105378.jpg『マグロが減るとカラスが増える?』
税込価格 : ¥1,365 (本体 : ¥1,300)
発行 : ダイヤモンド社
ISBN : 978-4-478-00565-1

<目次>
はじまり 地球の生きものたちはつながっている
捜査ファイル1 シカが増えると山崩れが起きる!──山の動物たちに異変
捜査ファイル2 ハチが消えて作物がとれなくなった!──自然界で受け渡されているもの
捜査ファイル3 田んぼが変わり、メダカが消える!──川の魚たちの危機
捜査ファイル4 マグロやイワシが減っているのはなぜ?──海の生きものたちの危機
捜査ファイル5 アオマツムシとカラスはなぜ増える?──温暖化と都市化と生きものたち
捜査ファイル6 人間がつくり出す“毒”が、地球をめぐる!──公害と生態系

 気候の安定と生物多様性の保全はいずれも私たちにとって重要な課題です。しかし気候変動に比べ、生物多様性の危機に関しての認識、関心はまだまだ低い状況です。2010年は生物多様性条約の目標年でもあり、締約国会議が日本(名古屋)で開催されます。生態系や生物多様性保全について議論や理解が深まる一助に本著がなればとも願っております。ぜひご一読ください。
[PR]

by greenerworld | 2008-06-09 11:05 | レビュー  

江戸は理想の循環社会だったか?

 08年度版の「環境・循環型社会白書」が江戸時代の社会システムを「循環型社会」として絶賛しているそうだ。特に「肥だめ」。よく知られるように、江戸の周辺の武蔵野と呼ばれる地域は、畑作地帯で麦や豆、野菜を作って江戸に供給していた。そして、江戸に作物を売りに行く帰りに屎尿を運び、肥料として畑に戻していたとされている。たしかに、こうして屎尿を肥料として使い回していたシステムは合理的だと思うが、それだけで江戸の農業が成り立っていたわけではない。

 そもそも武蔵野の台地は水に乏しく、かつては広大な採草地(まぐさ場)だった。その草(ススキなど)を緑肥として少ない農地にすき込み、肥やしていたのだ。これを刈敷という。

 江戸の人口が増え、食糧が足りなくなって新田開発を進めると、こうしたまぐさ場が農地に換えられた。当然肥料が足りなくなった。そこで武蔵野の新田(といっても多くは畑)地帯はコナラなどの落葉広葉樹を植え、そこから得られる落ち葉や枝条を肥料としてすき込むシステムを採用した。これが武蔵野の雑木林の起源。だから、江戸初期より前には、武蔵野の雑木林は存在しない。あるのは、茫漠たるススキの原だった。

 武蔵野はもともとあまり肥えた土地ではない。落ち葉をすき込んだだけでは、生産力は維持できなかっただろう。下肥はそれを補ったが、しかし、畑の地力を保つにはそれでも足りなかった。

 一方、雑木林はもう一つ大事なものを提供してくれた。燃料である。農民は柴(小枝や潅木)を自給用に使い、太い薪は売り、金に換えた。当時日本橋あたりには肥料問屋があって、ここでは干鰯(ほしか)、油かすなどの肥料を売っていた。これらの販売される肥料を総称して金肥と呼ぶ。農民は薪を売った金で金肥を購い、畑に投入していたのだ。実は江戸の農業を支えたのは、この金肥なのである。

 干鰯は外房でとれるイワシが原料、菜種かすは西国の菜種の産地から運ばれてきたという。いずれも江戸圏内の循環資源ではない。しかも、江戸末期にはイワシがとれなくなり、蝦夷(北海道)のニシンが代わりに使われるようになった。これが蝦夷地進出の一因ともなった。つまり江戸末期には、農業生産は肥料資源不足で行き詰まっていたともいえる。明治になって化成肥料が入って来たとき、それを金肥として受け入れる下地はできていたのではないか。

 江戸時代のシステムは、当時の条件の中では合理的にできあがっていたと思う。そこには祖先が少しずつ積み上げてきた英知を感じるし、見習うべきものは多々あるけれども、それだけで回っていたわけではない。そもそも、江戸時代が完成した循環型社会だったとしたら、もっともっと長く続いただろう。しかしその間に人口は停滞し、大多数の国民は支配層に搾取され、移動の自由もなく、食うや食わずの生活を強いられ、大飢饉が何度も襲っている。言ってみればいまの北朝鮮みたいなものだ(もっとも同時期のヨーロッパも頻繁に飢饉に見舞われているので、日本だけがやり方がまずかったわけではないと思う)。それが破綻して明治維新を迎えたわけである。もちろんそれは政治経済システムの問題でもあるが、生産システムに関しても持続可能とは言えなかっただろう。その時々の体制・環境制約の中で、経済的に合理的なやり方をしていたということなのではないのか。何が何でも江戸礼賛というのはおかしい気がするね。
[PR]

by greenerworld | 2008-06-03 21:19 | 環境エネルギー政策  

ネルソン・マンデラとジョニー・クレッグ

 「マンデラの名もなき看守」は、見応えのある骨太の映画だった。後に南アフリカ初の黒人大統領に選出される黒人解放運動のリーダー、ネルソン・マンデラ氏と、その看守であったジェームズ・グレゴリー氏の、実話に基づくストーリーだ。

 人種隔離政策(アパルトヘイト)下で抑圧された黒人たちは、自由と平等な社会を目指して反体制運動を組織した。そのリーダーだったネルソン・マンデラは、国家反逆罪で捕らえられケープタウン沖にある監獄島・ロベン島に収容されていた。そこに赴任してきたのが、下級士官のグレゴリー。地方の農場で育った彼は、黒人の少年たちとつきあい、彼らの言語であるコーサ語を理解できたため、マンデラの監視にあたる任務を与えられたのだ。彼は、黒人政治犯たちの会話を聞き、届く手紙を調べあげて、組織の摘発に功績をあげる。

 しかしグレゴリーは、マンデラとふれあううちその高潔な人柄に惹かれ、禁断の「自由憲章(The Freedom Charter)」に目を通す。そこには白人と黒人がともに手を携えて暮らす理想の国の姿が描かれていた。

 グレゴリーは、黒人びいきとさげすまれ、家族の身の危険も感じるようになり自ら決意してロベン島を去ることになる。しかし、コーサ語のわかる彼を白人政権が手放すことはなかった。そして時代の流れは変わる。アパルトヘイトに対する国際的な非難が高まり、白人政権は窮地に陥るのだ。マンデラ抜きに南アの将来は考えられなくなっていた。マンデラはロベン島から本土のより条件の良い収容所に移される。そこでグレゴリーはむしろ交渉役や秘書のような役目でマンデラに対することになる。そして、89年のデクラーク大統領との歴史的な会談、翌年の解放と、グレゴリーは歴史の一こまをつくる側に回る。

 最後のクレジットに、映画で使われているManqobaという曲の提供者としてジョニー・クレッグ(Johnny Clegg)の名があった。ジョニー・クレッグは、イギリス生まれでローデシア(現ジンバブエ)やザンビア、南アで育ち、マンデラと同じウィトワーテルスランド大学に学んだ白人ミュージシャン。ザンビア時代は現地校に通い、黒人の子どもたちと机を並べて学んだこともあったと本人のサイトにある。ウィトワーテルスランド大では反アパルトヘイト運動家であった社会人類学者のデビッド・ウェブスター(1989年に秘密警察によって暗殺された)の薫陶を受ける。クレッグは70年代後半、ヨハネスブルグの黒人ストリートミュージシャンとバンドを組んだ。

f0030644_10491757.jpg 80年代の初め、ブログ子は渋谷センター街の奥にあったタワーレコードをよく覗いていた。あるときたまたま手にしたのが、JULUKAというバンドのScatterlingsというアルバム。ジャケットの絵(右)に惹かれたのだ。今なら「ジャケ買い」というのだろう。家に帰ってレコードに針を落とし、脳天を突き抜けるような衝撃を受けた。世の中にこんな音楽があったのか。強烈なアフリカンビート、美しいメロディ、そして英語と現地語混じりの歌詞。

 ずっと後で知ったのだが、JULUKAはジョニー・クレッグがストリートミュージシャンのシポ・ムクヌと組んだバンド名だった。Scatterlingsは、彼らが初の北米ツアーを行った時に制作されたものらしい。

 当時の南アでは、黒人と白人が同じバンドで、黒人の音楽と西洋音楽を融合し双方の言葉で歌うことなど許されることではなかった。しかも彼らの曲には政治的メッセージが込められていた。JULUKAの曲は南アで放送禁止となったが、それでも彼らのアルバムは口伝てでヒットしたという。

 Scatterlingsに納められていたScatterlings of Africaという曲には“African idea make(s) the future clear”という詞がある。もちろんそのままの意味で読んでいただいてもいいのだが、African ideaをFreedom Charterに置き換えてみると、そのメッセージが見えてくる。また、その後に出したWarsaw1943という曲のタイトルはカムフラージュで、歌詞にある卑劣な弾圧を行うファシストとは白人政権のことだと容易にわかる。87年には、JULUKAを解散(シポ・ムクヌが牛飼いの仕事に戻ったため)した後に結成したSAVUKAで、ネルソン・マンデラ氏をテーマにしたAsimbonanga(あなたが見えない)という曲も出している。ジョニー・クレッグの曲がマンデラ解放、そして南アの民主化・人種の融和に果たした役割は小さくないのだろう。

 日本ではあまり知られていないジョニー・クレッグ(&JULUCA,SAVUKA)だが、アマゾンでアルバムも買えるし、iTunesストアにも入っている。アフリカのエネルギーと未来への希望を感じさせてくれる。映画とともに、こちらもおすすめだ。
[PR]

by greenerworld | 2008-06-01 11:17 | レビュー