管理者へのメール / 管理者のプロフィール


<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

センスの悪いJOCにも政権交代を

 2020年夏季オリンピック招致にエントリーを目指している広島・長崎両市に対して、JOCが「共催では推薦できない」と事実上の拒否を突きつけたそうだ。あえて事前にIOCに「1都市開催」の原則を確認、つまりIOCをダシに使って両市にあきらめさせようという思惑らしい。どうも、東京を再立候補させたい意向のようである。何をか言わんや。

 東京は16年開催都市招致で決戦投票にも残れず敗れたばかり。商業主義に堕したオリンピックに今さら理念を求めるつもりもないが、それにしても東京で開催する意味は見えない。あえて言えば「知事がやりたいから」。それが見透かされているから国民も支持しないのである。そんなことにも気がつかないJOCの役員たちの頭はどうなっているの?

 商業主義に堕して本来の理想を失ったオリンピックだからこそ、広島・長崎で開催する意義がある。平和の祭典という原点をもう一度思い起こさせるにふさわしい開催地であり、コンセプトだ。おそらく東京では再び敗れるだろうが、広島・長崎は世界世論の支持を得ると思う。核のない世界を目指そうというアピールが認められるかどうかは、スポーツ界にとっての試金石にもなる。たとえ招致できなくとも、それはIOC、ひいてはオリンピックの存在意義を再確認することになろう。

 ブログ子は東京都民だが、東京への招致に税金を一銭たりとも使ってほしくない。しかし、広島・長崎への招致のためなら、貧者の一灯をささげるつもりがある。同じ思いを持つ人は日本中にいや世界中に数多くいるはずだ。ボランティアも集まるにちがいない。訪れる人だけではない。原爆ドームや被爆マリア像の映像が流れ、被爆都市広島・長崎に世界が注目する。

 複数都市の開催といっても、たった2都市である。移動やセキュリティの問題を言うなら、10か所にも及ぶ開催地で競技を行うサッカーのワールドカップはどうなのだ。競技別に分ければ選手の移動はなし。観客や役員らの移動には、広島・長崎間にフリーゲージトレインのシャトルを走らせればいい。

 過去、何人ものオリンピック代表選手が自民党から国会議員になっている(麻生前首相も代表経験ありでしたね)。被爆地でオリンピックを開催するのは都合が悪いと考える人がJOC幹部に多いのか。JOCにも政権交代が必要なのではないかとつい考える。
[PR]

by greenerworld | 2009-12-26 11:05 | 森羅万象  

コペンハーゲンの評価とともにクレジット価格も急落

 COP15・コペンハーゲン会議の失敗を受けて、議長国であったデンマークのラスムッセン首相への風あたりが強まっている。全くリーダーシップを発揮できなかったばかりか、完全にしくじったと欧米のメディアやNGOに批判されている。

 コペンハーゲン会議が終了した翌週のヨーロッパの炭素クレジット取引市場は急落した。数値目標も削減義務もない会議の結果に失望したことは明らかである。トンあたりの価格は前週末から8%も下落して12ユーロ台に。排出削減投資にインセンティブが働くとされる40ユーロ/トンには遠く及ばない水準にある。しかも世界的な景気後退の影響で、2009年の温室効果ガス排出量は大幅に減少すると見込まれており、さらに炭素クレジット価格は下落しそうだ。

 歴史に名を残すはずだった「コペンハーゲン」は、気候交渉を暗礁に乗り上げさせた会議として記憶されるだろう。この先、クレジットの価格が大きく上昇する日は来るのか。気候交渉も、クレジット市場の立て直しにも長い時間がかかりそうだ。

 サッカーのデンマーク代表への影響は? ないだろうね。
[PR]

by greenerworld | 2009-12-25 14:41 | 気候変動  

本日の成果

 トウキョウサンショウウオの産卵期を控えた年の瀬、丘陵地の谷戸で産卵池掘りをしてきた。地権者の承諾を得て、沢水がたまるよう湿地をスコップで掘る。もとは田んぼだった場所で、耕作されていたころはたくさんのサンショウウオやらアカガエルやらが産卵にきていたことだろう。耕作放棄されて久しく、田は埋まり、水路はほじくれて、たまり水は消え失せていた。ここにわずかでも水場を復元してやれば、産卵に来てくれるのではないかと期待しての作業だ。午前中に掘ったのが写真の水たまり。午後にもう一つ。しかし、いかんせん水が細く、水はなかなかたまらない。谷戸の乾燥化はまわりの山の保水力低下も一因ではないか。池を掘るだけでなく樹林地にも手入れが必要だ。せっかくつくってもイノシシのぬた場になるかもしれない。増えているアライグマの食害も心配。一人ではとても無理だなあ。一緒に作業していただける方、いませんか。
f0030644_21443775.jpg

[PR]

by greenerworld | 2009-12-23 22:05 | 生物多様性  

2大排出国のエゴと世界の行く末

 COP15コペンハーゲン会議が終了した。京都に代わる議定書はおろか、削減目標もなく、それぞれの国が掲げる目標を列挙するだけという「合意」文書のみが採択された。結局、最後の最後でアメリカと中国という2大排出国を中心にした談合で、作業部会案は骨抜きにされた。ヨーロッパ系のメディアは「失敗」、「恥」、「ごり押し」などの言葉で失望と非難を表現している。直前に暴露された「盗まれたメール」も一役買ったか。

 中国は2007年にアメリカを抜いて世界最大の温室効果ガス(GHG)排出国に躍り出た。さらに今後増え続けていくことは間違いない。しかし、高い経済成長が続き、富裕層も増えているとは言え、いまだに発展途上国である。貧富の差はむしろ先進国よりはるかに大きい。国民の不満を抑え、体制の安定を図るためには、高いレベルの経済成長が不可欠である。GHG排出に足かせをはめられたくない。
f0030644_9502163.jpg

 中国の一人当たりのGHG排出量は、4.6トンで、アメリカ19.1トンの4分の1以下、日本の半分以下でしかない。さらに、これまでの累積排出量は、アメリカやEUが圧倒的だ。先進国は先に多くのGHGを排出して豊かになったのだから、責任を果たすのは当然だというのが、新興国の言い分であろう。世界人口の20%を抱える中国の一人当たり排出量が日本並みになる(それほど先ではあるまい)ことを考えると空恐ろしくなるが、その後にはインドやブラジル、南アフリカといった新興国が控える。とくにインドは2030年ごろに中国の人口を抜くと考えられている。
f0030644_9505155.jpg

 今回の会議では発展途上国内での対立もあらわになった。より気候変動の影響を大きく受けると考えられる島嶼国やアフリカの国々は、中国やインドに対しても対策を求めた。しかし、将来の世代からの意見は何ら反映されていない。今世紀末から来世紀にかけては、気候変動よりもエネルギーの枯渇が深刻な問題になっているだろう。ポスト京都はポスト化石燃料であり、ポスト大量消費社会、ポスト経済成長至上主義としてもとらえるべきだ。現状の「Climate Deal」では展望は開けない。日本が率先して2020年25%削減や、2050年80%削減をうたうなら、政権はそうした社会や産業のビジョンを示すべきだ。その意味でも失望している。
[PR]

by greenerworld | 2009-12-20 10:27 | 気候変動  

[FIFA・WC2010]優勝はスペインか、オランダか?

 2010FIFAワールドカップの一次リーグ組み合わせが決まった。フランス、ポルトガルがシードからはずれたが、いわゆる「死の組」はなく、強豪が順当に勝ち上がりそうだ。まずA組は開催国南アがシードされ、そこにフランス、メキシコ、ウルグアイが入った。アンリの「仏の手」アシストで、辛くも出場を決めたフランスは、返って楽な組に入った。1位フランス、2位メキシコと予想するが、南アが開催国の利を活かして2位を奪い取れるか。

 B組は南米予選で苦しんだアルゼンチンの不調で、唯一「ミニ死の組」といえるかもしれない。アルゼンチンの優位は揺るがないと思うが、その他の3国にも十分チャンスがあり、混戦が予想される。ブログ子の予想は1位アルゼンチン、2位韓国。順当ならギリシャが2位だが、韓国が持ち前の勝負強さを出せれば十分突破可能だ。C組は1位イングランド、2位アメリカでほぼ決まりだろう。D組は1位ドイツで揺るぎないが、2位はオーストラリアとセルビアの争いか。ガーナがどこまでかき乱してくれるか。

 E組はオランダが1位、2位がカメルーンとデンマークの争いとなるが、アフリカ開催でもあり、カメルーンが抜け出すと見る。日本からより多く点を取ることが2位への鍵となりそうだ。ちなみに日本は勝ち点ゼロ(つまり3敗)での敗退が妥当な予想だろう。F組はイタリアが1位、2位にパラグアイか。G組はポルトガル、ブラジルの旧宗主国と植民地、さらに新世界への奴隷貿易の供給基地だったコートジボワールと、大西洋をはさんでの因縁の対決になる。ブラジル、ポルトガルのどちらが1位になるかはコートジボワール次第か。将軍様の力を持ってしても北朝鮮のリーグ戦突破は困難。H組はスペインが順当に1位、2位はスイスとチリの争いになるだろう。

 大きな波乱なく一次リーグが終了すれば、準々決勝(ベスト8)では、フランス─イングランド、ドイツ─アルゼンチン、オランダ─ブラジル、イタリア─スペインの対決が見られそうだ。決勝はズバリ、スペインとオランダの対決と予想。果たして?
[PR]

by greenerworld | 2009-12-05 11:22 | フットボール  

「エコ桜が丘」が環境大臣表彰

 12月は地球温暖化防止月間だそうだ。7日からはコペンハーゲンでCOP15が開催される。そんな折、環境省の「平成21年地球温暖化防止活動環境大臣表彰」の表彰式が都内であった。今年の受賞者は30団体・個人。応募は163件(自薦・他薦)あり、これまでの最高だったそうだ。最も多かったのは環境教育・普及啓発部門の17件。小学校での環境学習や省エネルギーなどの取り組みが5件あった。

 静岡県掛川市のNPO法人エコロジーアクション桜が丘の会(エコ桜が丘)も、同部門の表彰を受けた。同会は、地区住民の協力で古紙を回収し、その収益で市立桜が丘中学校(ブログ子の母校)の屋上に10kWの太陽光発電システムを設置。同時に地域の小中学校などでの環境学習にも取り組んでいる。同様の活動は市内の別地区(小学校)にも広がった。地区住民の太陽光発電の認知度も高く、子どもたちの関心も高いなど、たいへん良い効果を生んでいる。

 21年度補正予算で出てきた「スクールニューディール事業」で、かなりの学校に太陽光発電が着くことになった。しかし言っちゃあ悪いが、こういうお仕着せあるいはあてがいぶちの設置では、子どもたちや地域住民の心にどれだけ響くだろうか。その意味でも、単に表彰しておしまいではなく、何年か後に結果(住民や生徒の意識の差)を検証してもらいたいものである。

 何はともあれ、おめでとうございます(写真は受賞者の皆さん)。
f0030644_20463018.jpg

[PR]

by greenerworld | 2009-12-02 20:48 | 森羅万象