管理者へのメール / 管理者のプロフィール


<   2010年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

戦争画

f0030644_17165731.jpg ピカソのゲルニカ、丸木夫妻の原爆の図を持ち出すまでもなく、戦争の悲惨さ愚かしさを伝えようとした芸術家は大勢いる。一方で、プロパガンダとしての「戦争画」もまた描かれた。著名な画家の中にも戦争画を描き、戦争に協力した人たちがいたのだ。

 時間つぶしに入った古書店でたまたま目にした『南方画信』という冊子。昭和17年12月の発行で、発行所は陸軍美術協会出版部とある。これは第二輯(集)で、第一輯は同年9月に発行されたらしい。向井潤吉、藤田嗣治、川端龍子、小磯良平、山口蓬春ら、錚々たる画壇の立役者たちが、前線を訪れ、戦果をもてはやし、国民を鼓舞する絵と文を寄せている。

 巻頭に陸軍省報道部員で陸軍少佐の平櫛孝なる人物が、「戦時下美術家への要望」と題する文を寄せている。要するに、戦時下においては臣民それぞれがそれぞれの役割を果たし、総力を挙げて戦うべしというのである。そして「戦時下の今日、美術は飽くまでも『役に立つ美術』であり、美術家は『役に立つ美術家』でなければならない」といい、「真に優れた美術家とは、技巧に於いても内容に於いても、人の魂に食い入つてこれを揺り動かし、日本国民としてこの戦争を勝ち抜く心構へを、弥が上にも昂揚せしむる作品を生む美術家でなければならない」とする。

 何とも稚拙で一方的かつおそろしい論だが、藤田嗣治らはこの主張に呼応して、むしろ意気高く協力しているように見える。藤田は自らが描いた「シンガポール最後の日」について、「ブキテマの占領した高地で死に瀕する我が戦友を、他の兵士が抱き上げながら、今にも陥落せんとするシンガポール最後の日の姿を此の世の見納めに見せてゐる図である」と解説する。

 平櫛少佐は「戦争は文化の母、創造の父である」とまで書いて美術家たちを扇動する。数々の反戦画を生んだことを考えればそれもはずれてはいなかったと言えるか。今日、“昭和の日”。
[PR]

by greenerworld | 2010-04-29 17:18 | 森羅万象  

東電からの「お知らせ」が変わった

f0030644_1617960.jpg 東京電力の「余剰電力購入量のお知らせ」が変わった。3月まではただ購入量がそっけなく記されているだけだったが、今月の伝票にはちゃんと金額が。新制度の“恩恵”を、よりわかりやすく伝える狙いだろうか。ちなみに4月の支払は2,850円でした。
[PR]

by greenerworld | 2010-04-29 16:23 | 環境エネルギー政策  

ただただ残念

 13日に富士登山中に行方不明となっていた岡本俊策さんが、26日遺体で発見されたと連絡があった。何とか無事で帰ってほしいと祈っていたが、叶わなかった。強風で吹き飛ばされ転落したようである。その後積雪があったため遺体が埋もれてしまっていたようだ。

 岡本さんとは昨年から小田原市で進めている「環境再生プロジェクト」の検討委員会でご一緒していた。同委員会では、現地調査や活動団体のヒアリングに労をいとわずに足を運んでいただき、取りまとめにも大きな力を発揮していただいた。今年度はいよいよモデル事業を開始する運びになっていて、岡本さんにはこれまで以上の活躍を期待していたのだが、委員会にとっても小田原市にとっても大きな損失となってしまった。

 5月下旬からアラスカのマッキンリー登頂をめざすので、4週間ほど留守をするからよろしくと、以前メールをいただいていた。今回は、そのトレーニングのための登山だったのだろう。ただただ残念である。
[PR]

by greenerworld | 2010-04-27 21:04 | 森羅万象  

政治崩壊、その後には……

 鳩山政権の迷走はさらに度を増していく。普天間基地移設に関しては「ジョーカー」を持っているにちがいない、でなければ、自らの首を絞めるような「5月末結着」は明言すまいと思っていたのだが、それが結局早くから名の上がっていた徳之島だった。腹案のまま情報が先行し、疑心暗鬼を呼び、結局は島民の過半数が反対集会に集結して、交渉前に事実上の「ノー」を突きつけた。

 官房長官は無能どころか、混乱を助長するばかり。“亀”さんは言いたい放題、やりたい放題だ。結局首相のリーダーシップはどこにあるのだ、といういうことになる。脱ダムも道路も骨抜き、八ッ場に至ってはほったらかし状態である。閣僚の何人かには「やる気」をなくしている節さえ見える。官僚も立ちすくんでいる。完全に統治能力を失っている。政権末期ではなく、無政府状態のようだ。これがもし戦前の日本だったら、クーデターが起こっているのではと、空恐ろしくなる。

 旧野党の政権担当能力の無さを含めて、長年にわたって続いた自民党政権の杯盤狼藉が、その元にあることは間違いない。その本質は何か。古き良き時代は成長の分け前を国民の多くが多かれ少なかれ享受できた。国政の実質的な運営は、官僚にまかせておけば、大過なくすんだ。そうやって自民党−官僚のシステムから、野党側も含めて国民はおこぼれに預かってきたのである。

 それが経済不振・縮小、少子高齢化・人口減少社会で成り立たなくなった。おこぼれが届かなくなった国民は、「何かを変えてくれる」と期待して民主党に投票した。だがこの体たらく。しかし自民党は変化に対応できる能力をもはや持たない。泥舟となった自民党からはどんどん離党者が出ている。

 次々できるミニ新党も、昨年の総選挙前に一足先に発足したみんなの党を除いては、どの政党も期待を集めるに至っていない。参議院選挙では1〜数人ずつの当選に留まり、また離合集散となるだろう。一方、与党を構成する「新党」は消滅に向かいそうだ。最大の民意は「政治にはもう期待しない」ということになるに違いない。つまり、低投票率だ。どの政党も自分を幸せにしてくれそうにないからだ。

 しかしそんな悲惨な政治状況を作り出したのは一体誰なのか。結局政治はその国の国民の「質」の反映である。一人ひとりが「何かを変えよう」としない限り、再生は難しい。かつてこんな閉塞感の中からヒトラーが登場したことをお忘れなく。
[PR]

by greenerworld | 2010-04-22 11:38 | 森羅万象  

いまごろ雪が……

 朝、新聞を取りに外に出ると、屋根からドサリと落ちたのは雪! 畑にもうっすらと積もっている。寒い日が続いていたが、まさかこの時期に雪が降るとは……。

 知り合いが富士山に登山に出かけたまま連絡が途絶えていると知らせがあった。ベテランのアルピニストだが、ここ数日の富士は真冬並みの天候だったはずだ。なんとか無事で戻ってほしい。
[PR]

by greenerworld | 2010-04-17 12:31 | 気候変動  

水郡線袋田駅にて

 あいにくの氷雨で袋田の滝観瀑は断念。満開の桜も寒そう。
f0030644_845531.jpg

 発つ朝や花散りかねて鄙(ひな)の駅  虫魚
[PR]

by greenerworld | 2010-04-16 08:48 | 花鳥風月  

右手薬指に……

 数か月前から右手の薬指第一関節の掌側に異物感が。最初は数の子の粒くらいだったのが、気になり出すとつい触ってしまうからか、だんだんと大きくなってきて、粟粒くらいに。痛くはないし、生活にも仕事にも支障はないのだが……。原因が分からないし、余計に気になる。で、昨夜薬箱をひっくり返して「イボコロリ」を探し出し、貼ってみた。で、今朝そのことをブログに書こうとして、原因が分かった。マウスをつかむとイボコロリを貼った指が滑る。「マウスだこ」だった。
[PR]

by greenerworld | 2010-04-13 07:52 | 森羅万象  

アメリカも花粉症シーズン

 USA Todayの電子版をながめていたら、見るだけで鼻がむずがゆくなりそうな写真とともに、今年は南東部を中心に花粉の量が過去最高レベルだという記事。向こうでも5人に1人は花粉症だという。検索したら、Pollen.com(花粉ドットコム)というサイトがある(http://www.pollen.com/)。予報地図は南東部といわず、中西部にかけても真っ赤だ。

 厚労省の花粉症のページによれば、日本の花粉症有病率は全国平均で15.6%だというから、USA Todayの数字が本当ならアメリカの方が高いことになる(ただし地域別に見ると関東地方や東海地方は20%を超える)。日本ではスギ・ヒノキ花粉による症状が圧倒的だが、アメリカではオーク、ニレ、カバノキ、ポプラ、プラタナスなど多種多様な樹木の花粉が原因となるらしい。初夏になればイネ科の草本、秋にはブタクサが続く。どこに行っても、いつの季節も花粉は追いかけてくるようで……。花粉症市場も急拡大のようだ。

 大気中のCO2濃度上昇と花粉の関係を示すデータもあるようで、アメリカ農務省のデータによれば、過去40〜50年間に花粉の生産量は主にブタクサを中心に4倍に増えたという。うち半分はCO2濃度上昇の影響と見られているそうだ。
[PR]

by greenerworld | 2010-04-12 15:12 | 気候変動  

新緑──ケヤキ

f0030644_18233725.jpg
 この節ケヤキの新芽が美しい。新芽の色は樹種によってさまざまだが、ケヤキはやわらかな芽が少し伸びてきたころがとりわけ目に心地よい。

 ものの本によれば、ケヤキは「けや(きわだって他と異なっているさま=広辞苑)木」だという。樹高が高く、他の木より抜きん出て成長する。遠目からもよく目立つので、目印にされる。それが由来だろう。ケヤキの古語にツキ(槻)があるがこれも、林を突き抜けるように大きく育つという様を表した「突き」ではあるまいか。高槻、大月という地名は、たぶんケヤキの大木があったのではと推察される。

 成長は速いが材は堅い。以前、ケヤキの丸太をチェーンソーで切ろうとしてずいぶん苦労したことがある。ともあれ春は一歩ずつ。
[PR]

by greenerworld | 2010-04-10 18:30 | 花鳥風月  

誰もメッシを止められない

 6日に行われた09-10UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝、FCバルセロナがホームで迎えた第2戦で、なんとメッシが4ゴール。相手はベンゲル監督率いるイングランドのアーセナルである。3本は利き足の左で、1本は右足で決めた。ゴールに向かう意志、ポジショニング、瞬時の加速、相手を翻弄するフェイント、正確なボールコントロール・キック、それらを支える技術とボディバランスの良さ。メッシは倒れないし、ファウルも受けない。なぜなら、誰もメッシにさわることすらできないからだ。味方がパスを出したいところには必ずメッシがいる感じだ。もはや異次元のフットボール選手。ワールドカップ本戦までコンディションを維持してほしい。前年にバロンドールを取った選手のいるチームは優勝できないというジンクスがあるそうだが、いまのメッシを見ていると、アルゼンチンを優勝候補に挙げたくなる。
[PR]

by greenerworld | 2010-04-07 12:26 | フットボール